大和版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

第1回モスクワ国際音楽オンラインコンクールでグランプリを受賞した 原田 怜さん 市内福田在住 15歳

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena

感情を音にのせて

 ○…コロナ禍のなか開催されたオンラインコンクール。グランプリの受賞も「嬉しかったけれど、自信があったわけではなかったので実感が湧かない」と謙虚に語る。ピアノの練習は毎日欠かさず5時間。学校から帰宅して最初にするのは「集中するため」の昼寝。その後練習を始め、夕食を挟んで日付が変わるまで続ける。今は10月に控える学生音楽コンクールの本選に向け、ショパンの『バラード第2番』を練習中。戦争をイメージした曲で穏やかさと激しさの両方を併せ持った楽曲を「穏やかな部分で特に人の心を動かせるように弾きたい」。

 ○…ピアノを始めたのは4歳から。姉が始めたのを見て自分もやってみたいと思った。母がピアノ講師で、家にはピアノが5台もある音楽一家。幼少からさまざまなコンクールに出場し、小学3年のときに大賞を受賞した『かながわ音楽コンクール』は「信じられないくらい楽しく弾けた」と印象に残っている。小学生から中学生になるにつれ、自分の弾きたいイメージが浮かんでくるようになってからは、さらにピアノが楽しくなった。今回のコンクールで演奏したシューマンの曲は「光が差してくるようなフレーズが好き」と目を輝かせる。

 ○…好きな教科は美術。小学6年まで絵画教室に通い、今でも絵を描くのが好き。林間学校では栞の表紙を自ら進んで描いた。自然をモチーフに盛り込んだ鉛筆画。「絵は光と影の表現ができるのが面白い。音楽でもそれができたら」。

 ○…将来の夢は「人の心を動かせる」ピアニストになること。「20歳になったらドイツに留学して、教会など現地の建物からも音楽のヒントを得たい」と意欲的に語る。夢へのステップとして全国大会出場を目指す。

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

力武(りきたけ) 誠さん

ギターのリペアマンとして経験を生かしたオリジナルギターを製作する

力武(りきたけ) 誠さん

市内中央在住 44歳 

6月11日号

塩見 直樹さん

つきみ野でファーマーズマーケットを企画する

塩見 直樹さん

つきみ野勤務 57歳

6月4日号

小山 洋市さん

5月10日付で大和市副市長に就任した

小山 洋市さん

鶴間在住 62歳

5月28日号

小川 穣さん

ハーブ農家で、関連のNPO法人の代表を務める

小川 穣さん

上和田在住 42歳

5月21日号

吉澤 弘さん

第61代大和市議会議長に選出された

吉澤 弘さん

西鶴間在住 59歳

5月14日号

佐藤 明さん

古希(70歳)に合わせ、初めての個展を開く

佐藤 明さん

西鶴間在住 71歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter