大和版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

令和2年度大和市文化芸術顕彰 文化芸術未来賞を受賞した 白鳥 永夏(えいか)さん 中央林間在住 37歳

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena

こぼれ落ちるもの表現

 ○…『ぜいたくなあさ』、『まどろむ、わたしたち』。詩のように紡がれた文章に、細部までこだわって指示を出したイラストが描かれた作品は、今、新しいジャンルとして反響を呼んでいる。今年8月には、ドラマ仕立てに書き下ろした文章の朗読とイラスト、音楽、オブジェを組み合わせた初の空間展示を演出。既存の枠組みにとらわれず、新たなジャンルを開拓する作家として注目を集める。「大人の絵本を書いているつもり。イラストと相まって、映画のように読む人に伝われば」と自著を評する。

 ○…都内大森の出身。実家は下町の製造業で、祖父母と父母、兄弟3人の7人家族で育った。「自分の美の原点は着物」。曾祖父や祖母の影響を受けて、幼少期から着物が好きだった。高校生になると「自分で仕立てたい」と和裁を習い始め、以来、普段着は常に着物。大学は国文学を専攻し、大学院では服飾美学を研究。博士課程まで修了した。研究員をしていた27歳の時、フランスに遊学。現地で見たアートフェスティバルに強く衝撃を受け「研修職ではなく、表現者としての道を歩みたい」と思った。

 ○…趣味はお酒を楽しむこと。15年以上住む中央林間には、行きつけの店が沢山。「どこかのお店に行けば誰かしら知り合いがいる」と微笑む。毎晩いろんな人と会って話をするなかで刺激を受け、作品のインスピレーションを得ている。

 ○…すでに2歳の頃から自身の性別に違和感を覚えていた。数年前に決断し女性として人生を歩み始めた。「今、いちばん髪が長い」とにっこりと笑う。作品を制作する上で大切にしているのは「マージナル(境界)な人であったり、こぼれ落ちてしまいそうなもの」。表現者として、枠にとらわれない活動を続ける。

大和版の人物風土記最新6

大木 英広さん

交通栄誉章「緑十字銀賞」の優良運転者として表彰を受けた

大木 英広さん

市内在住 57歳

2月19日号

遅沢 秀広さん

公所自治会の会長でオンライン講座を企画した

遅沢 秀広さん コミュニティ

下鶴間在住 74歳

2月12日号

小松 寛和さん

生まれ故郷の長野県諏訪地方の方言を冊子にまとめた

小松 寛和さん

下鶴間在住 92歳

2月5日号

マニング モンタネさん

米海軍厚木航空施設司令官に就任した

マニング モンタネさん

1月15日号

高城 純一さん

2021年やまと成人式で実行委員長を務める

高城 純一さん

大和中学校出身 20歳

1月8日号

渥美 秀樹さん

一般社団法人大和青年会議所の2021年度理事長に就任した

渥美 秀樹さん

38歳

1月1日号

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク