大和版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

コロナ対策 「何でも気軽に話して」 専用の電話窓口を開設

社会

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 大和市は、「新しい生活様式」に対応したコロナ対策の一つとして、12月1日(火)から「ちょっと話そう もしもし電話」を開設する。

 「もしもし電話」は、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、社会や人との交流を制限する人が増加傾向であることを新たな社会問題と捉えた対策。市健康福祉部では、対象を市内在住で、パソコンやスマートフォンなど情報通信技術(ICT)を活用した交流が利用できない一人暮らしの高齢者を想定する。

 電話番号は046・260・3833。月〜金曜日の午後2時〜5時で、祝日・年末年始を除く。開設は来年3月31日までだが、新型コロナウイルスの感染状況により前後する可能性がある。

ストレス軽減孤立防止狙い

 市健康福祉部によると東京都健康長寿医療センターの発表で「高齢期の社会的孤立と閉じこもり傾向が重積している人の6年後の死亡率は、どちらも該当しない人と比較し2・2倍高まる」とのデータがあるという。

 コロナ禍において、ひとり暮らしの高齢者など社会的な交流が希薄な人にとっては、些細なことを話し合える場が、少なくなっているのが現状で、データが示すような環境を作り出しており、社会的なつながりの場を創設することが急務との判断から、専用窓口の開設となった。市では、日常生活での喜びや不安、ぐちなど、聞いてほしいことを話せる場を創設することで、ストレス軽減や孤立による健康被害を防ぐことを期待する。

 専用窓口は、市保健福祉センター内に4台開設。民生委員や保護司、自殺を予防するための研修を受けている「こころサポーター」、傾聴ボランティアやまとなど傾聴経験豊富なボランティアを「もしもしサポーター」として登録する。

 時間は1人15分程度。電話をしてきた市民の個人が特定できる情報は聞かない。電話の内容が市に対する意見や相談等の場合は、適切な窓口を紹介。問題解決について直接協力したり、アドバイスをすることはない。

大和版のトップニュース最新6

51施設で開館時間短縮

大和市

51施設で開館時間短縮 経済

緊急事態宣言受け、2月7日まで

1月15日号

成人式を延期に

大和市

成人式を延期に 社会

次の開催日は未定

1月8日号

返礼品に64品目

ふるさと納税

返礼品に64品目 経済

本日8日からサイト掲載

1月8日号

「健康」基軸、姿勢変わらず

「健康」基軸、姿勢変わらず 社会

大木哲市長、新春インタビュー

1月1日号

スケートパークが完成

スケートパークが完成 文化

5日(火)から供用開始

1月1日号

10人・2団体を表彰

交通安全功労者

10人・2団体を表彰 社会

大和署で感謝状を伝達

12月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク