大和版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

大和中央眼科 目の健康を通じて、地域の笑顔を守りたい 「今年も、一人一人に寄り添う診療を」

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
きめ細かな対応を心掛ける遠藤院長(中央)とスタッフ
きめ細かな対応を心掛ける遠藤院長(中央)とスタッフ

 目の健康を通じて地域の笑顔を守り、患者一人一人に寄り添った高度医療の提供を心掛ける、大和駅近くの『医療法人風航会大和中央眼科』。コロナ禍でも、「目の治療を後回しにしてはいけない」と力強く話す遠藤麻里子院長に話を聞いた。

手術はより身近に

 60代で70%の人が白内障といわれている昨今。これまで保険適用外だった多焦点レンズを用いた白内障手術が、昨年4月に選定療養(保険適用の治療と保険適用外の治療を併せて受けることのできる制度)という枠組みで行えるようになり、「手術費用が大幅に減額する可能性がでてきた」と遠藤院長は話す。

 レンズは、遠方と本などを見る近距離にピントを合わせた2焦点とそれにパソコンなどの中間距離を加えた3焦点があり、「煩わしいメガネから解放されて快適」との声が聞かれる。

 術後のメガネ使用率

◆単焦点…約70%

◆2焦点…約25%

◆3焦点…約1%

運動時や災害時に適した近視矯正

 「コンタクト無しでスポーツを楽しみ、災害時にも即座に行動できる」のが、角膜を削らず小さな切開創から眼内レンズを挿入する近視矯正手術「ICL」。従来のレーシックとは違い、ドライアイや角膜の脆弱化が少ないと言われ、外部からの衝撃に強く、NASAや国内外のアスリートに施術されている。手術翌日から普段の生活を送ることができ、老眼になる前の方が効果が高いため、対象は21〜45歳位まで。片目24万円〜、乱視用31万円(自由診療)。

 いずれの手術も点眼麻酔のみで5分程度。院長は「皆さんの大切な目を守るために、今後も新しい治療を発信し続けたい」と話した。

大和中央眼科

大和市中央4-1-2近藤ビル5F

TEL:046-200-7113

http://yamato.fukokai.com/

大和版のピックアップ(PR)最新6

引越し不要で自宅を現金化

戸建てもマンションも

引越し不要で自宅を現金化

新サービス「住んだまま買い取り」が好評

1月15日号

通信教育で社会福祉士に

注目の「給付金制度」で国家資格取得 4月入学受講生募集

通信教育で社会福祉士に

茅ヶ崎リハビリテーション専門学校

1月8日号

大人から始めるバレエ

中央林間

大人から始めるバレエ

嬉しい親子割も

1月8日号

「日曜法話会」開催

妙法院

「日曜法話会」開催

仏教に親しむ

1月8日号

「認知症かな?」とおもったら

「認知症かな?」とおもったら

取材協力/たなかクリニック(相模大塚駅前)

1月1日号

「不動産に関する事で お困りはないですか」

「不動産に関する事で お困りはないですか」

宅建協会の無料相談が好評

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク