大和版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

2020年救急出動件数 1000件以上の大幅減 コロナ禍影響か

社会

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 大和市消防本部によると、2020年の市内の救急出動件数は1万1052件で、前年より1066件減少していることが分かった。新型コロナによる外出自粛などが影響していると見られる。

 救急出動件数は2012年に1万件を超えて以降、年々増加傾向にあったが、18年の1万2450件をピークに、19年は1万2118件、20年は1万1052件と、2年連続で減少した。

 1日あたりの平均出動件数は30・3件で、48分に1回の割合で出動している。また、救急出動したうち病院への搬送人数は1万104人で、こちらも19年の1万903人より799人減少した。

 減少の要因について大和市消防本部は、コロナ禍による、【1】不要不急の外出や外での飲酒の機会が控えられたことによる、ケガや交通事故の減少【2】手指消毒やうがい、マスクの着用が徹底されたことで、体調を崩す人の減少【3】病院内での感染リスクを考慮した、安易な救急要請の減少、などを挙げた。

 大和警察署によると、20年の大和市内の人身事故件数は696件で、前年より128件減少。負傷者数は791人で、前年より130件減少しているという。

放火が大幅に減少

 20年の火災発生件数は38件で、前年より8件減少した。出火の原因別に見ると、たばこが10件、放火が9件、こんろが5件、その他が14件。放火件数が、前年の16件から9件へと、大幅に減少した。

 市消防本部は、「たばこが原因の火災は、ほとんどが喫煙者の火気管理不足によるものなので、投げ捨てや寝たばこは絶対にしないでほしい。放火対策としては、家の周りに燃えやすいものを置かない、物置や倉庫などには必ず鍵をかけるよう徹底を。こんろでの調理中はその場を離れないで」と呼びかけている。

大和版のトップニュース最新6

運営存続のためCF(クラウドファンディング)活用

コロナ下に 過去最大予算

コロナ下に 過去最大予算 経済

市税は前年比17億円減収

2月26日号

「緑十字銀賞」に大木さん

交通栄誉章

「緑十字銀賞」に大木さん 社会

交通指導員大和支部が優良団体に

2月19日号

協力金で「子ども弁当」

協力金で「子ども弁当」 社会

南林間の「吉日食堂 徳」

2月19日号

接種は「練馬区モデル」で

コロナワクチン

接種は「練馬区モデル」で 社会

個別と集団の2体制構築

2月12日号

「小児の在宅医療 担って」

「小児の在宅医療 担って」 社会

医師らに解説書無料配布

2月12日号

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク