大和版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

タウンレポート 地域防災訓練が大幅減 コロナ禍、一昨年の20分の1

社会

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena
地域防災訓練でスタンドパイプ消火資機材を扱う市民
地域防災訓練でスタンドパイプ消火資機材を扱う市民

 自治会単位で定期的に開催されている「地域防災訓練」が、コロナ禍で大幅に減少していることが本紙の調べで分かった。市消防本部は「開催したいが、大人数の参加で密になるため、現状では開催が難しい」と苦しい胸の内を明かした。

 地域防災訓練は、自治会員による自主防災会が主催し、市消防本部の協力を得て行われている。2019年度は34回実施され3322人が、18年度は46回で4594人が受講。しかし、今年度は2月末までで2回、208人の受講にとどまっている。

 訓練では、起震車による地震体験や、AEDの使い方、避難所の運営方法などを説明。13年からは、市が自主防災会に配布している、台車型の「スタンドパイプ消火資機材」を使い、消火訓練の指導も行われている。

 スタンドパイプ消火資機材は、市内の約1400カ所の消火栓や排水栓に接続して消火活動ができるもの。大規模地震による火災が同時多発的に発生したときに、消防署や消防団だけでは対応が困難になることが想定されることから、火災の初期段階で市民が消火活動を行えるよう、設置・配布が進められている。

 下福田南部第一自主防災会の新倉昭男会長(65)は、「スタンドパイプは、定期的に触れていないと使い方を忘れてしまう。そのためにも、使用方法を確認できる地域防災訓練は大切な場」と話す。

 市消防本部は、今後の地域防災訓練の実施について「来年度以降は、参加人数を減らして複数回開催するなど、工夫して実施回数を増やしていきたい」としている。

7日まで、春の全国火災予防運動

 栃木県で大規模な山火事が大きなニュースとなったが、過去10年間に大和市内で発生した「山火事」は、焼却炉の火の粉が飛び火したことによる林野の火災1件のみ(2011年、深見西地区)。「焚き火」が原因の火災は、12年と14年に発生している。

 3月7日(日)まで、春の全国火災予防運動期間中だが、大和市消防本部では「冬場は乾燥するので、火の取り扱いには十分注意してほしい」と呼びかけている。
 

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のトップニュース最新6

本多選手が五輪切符

水泳日本選手権

本多選手が五輪切符 スポーツ

200バタ、瀬戸選手抑え優勝

4月16日号

「大流行、肌で感じた」

タウンレポート

「大流行、肌で感じた」 社会

医師会・小林会長インタビュー

4月16日号

5世代の車両一堂に

5世代の車両一堂に 経済

19日ロマンスカーミュージアム開業

4月16日号

今年も市民対象に販売

東京2020五輪チケット

今年も市民対象に販売 社会

申込み締切は4月23日(金)

4月9日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

こどもの城がオープン

公私連携型施設

こどもの城がオープン 教育

子育て支援の拠点に

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter