大和版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

活動報告 コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を 大和市議会議員 古木 邦明

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

 ケアラーとは、「心や体に不調のある人の介護、看病、療育、世話、気遣い等、ケアの必要な家族や近親者、友人、知人などを無償でケアする人」と定義されています(日本ケアラー連盟)。ケアラーの担い手は、そのほとんどが家族、親族になりますが、18歳未満の子どもがケアの責任を引き受ける「ヤングケアラー」は、学業への影響や社会的孤立など、社会問題として取りざたされるようになり、支援が急務となっています。

大和市ならではの支援

 介護保険制度は、創設から20年を迎えました。家族が担うのが「当たり前」だった介護を、社会全体で支え合うことを目標に創設された制度は、様々な介護サービスを普及させ、医療・介護・福祉が、より地域密着で、連携を図る、地域包括ケアシステムの構築も進められてきました。

 しかし、今なお手助けや見守りが必要な家族の主な介護者は家族で、精神的、身体的、経済的に負担を感じている人は少なくありません。高齢者や女性の活躍を広く必要とする社会にあって、ケアラーが社会から孤立しないような支援はとても重要です。

 私はこれまでの一般質問で、幅広いケアラー支援のため、条例の制定や推進計画の策定なども視野に入れた検討を要望してきました。

 市側からは、児童生徒の家庭環境については、家庭環境調査票や本人との教育相談、三者面談を通して実態把握に努めていること、家庭の事情でケアを担っている児童生徒に対しては、継続的な相談活動を行い、必要に応じて教育相談員やスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーにつなげていること、専門的な支援が必要とされるケースを把握した場合は、関係機関と連携し、個別の状況に応じた支援を行っていくことが答弁で紹介されました。

 「健康都市」を掲げ、「こもりびと」や「認知症灯台」など、様々な新しい施策で弱者に寄り添う大和市だからこそ、出来るケアラー支援の体制がきっとあるはずです。

 私は、ケアラーの方々が「大和市に住んでいてよかった」と思っていただけるよう、サポート体制の拡充に向け、取り組んで参ります。

◆ご意見をお聞かせください。大和市のホームページから会議録をご覧になることができます。

自由民主党(古木邦明市議)

大和版の意見広告・議会報告最新6

コミセン下鶴間会館 移転へ

議会報告

コミセン下鶴間会館 移転へ

大和市議会 副議長 小倉隆夫

3月26日号

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

議会報告

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

大和市議会議員 福本たかふみ

3月26日号

市民の幸福のための施策実現目指して

市政報告

市民の幸福のための施策実現目指して

公明党 大和市議団

3月26日号

小田急線踏切内の歩道が拡幅

県政報告

小田急線踏切内の歩道が拡幅

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

3月26日号

大和正風会

大和市議会 会派 議会活動報告

大和正風会

3月19日号

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

活動報告

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

大和市議会議員 古木 邦明

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter