大和版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

明日17日(土)公演のやまと子どもミュージカルで、長年、父母会の中心メンバーとして活動する 小笠原 陽子さん 横浜市在住 50歳

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena

子どもたちの成長支え

 ○…コロナ禍で中止となった昨年の15回記念公演。子どもたちの2年越しの思いが集結し、『ミュージカル 桃太郎!』が上演される。8年間所属した娘は今年で卒団。衣装係、楽屋係として最後の晴れ舞台をサポートする。「子どもたちは延期、中止と2度の挫折を味わった。それでも気持ちを立て直して、ようやく実現する公演。良いものを届けたいとプライドを持って取り組んでいる。楽しんでもらえたら」と穏やかに語る。

 ○…娘の入団を機に、父母会の中心で子どもたちを支えてきた。印象深いのは、4年前のやまと芸術文化ホールの完成記念公演。団員のほかに市内の小中高生から賛助出演を募り、その世話役を担った。舞台経験の少ない子どもたちにも楽しく参加してもらえるよう、保護者と稽古報告の連絡を密に取ったり、ダンスの振り付けが覚えられない子には手本動画を配信するなど、細やかにフォロー。スタッフ総出で100人以上の華やかな舞台を成功させた。

 ○…その翌年、メンバーの半数が入れ替わるタイミングで父母会の会長に。新入団員が多かったが「公演のクオリティは落としたくない」と、子どもたちの自主練の機会を増やし、父母会のOBOG会を立ち上げて情報共有を図るなど、子どもも父母も「一丸となって」、満員御礼の大成功を収めた。「子どもたちはオーディションまではライバルだけど、配役が決まると一致団結して取り組む。その姿に大人たちも感心している」。

 ○…夫と息子、娘の4人家族。娘とは休日に観劇や買い物に出かけ「親友みたいな親子とよく言われる」と笑う。公演には毎年、夫も息子も駆けつける。今年は打ち上げはできないが「終演後、娘とお疲れ様会をするつもり」と微笑んだ。

大和版の人物風土記最新6

佐藤 明さん

古希(70歳)に合わせ、初めての個展を開く

佐藤 明さん

西鶴間在住 71歳

5月7日号

福島 哲さん

本日30日までクラファンで応援を募る南林間ガーデンマルシェの企画者

福島 哲さん

つきみ野在住 37歳

4月30日号

吉川 篤さん

エクステリアのコンテストで全国1位になった

吉川 篤さん

中央林間在住 40歳

4月23日号

小笠原 陽子さん

明日17日(土)公演のやまと子どもミュージカルで、長年、父母会の中心メンバーとして活動する

小笠原 陽子さん

横浜市在住 50歳

4月16日号

佐藤 愛美(あみ)さん

元劇団四季団員で、4月からバレエスタジオを主宰する

佐藤 愛美(あみ)さん

中央林間勤務 36歳

4月9日号

井上 直己さん

地球環境の問題を地域で幅広い世代に伝える

井上 直己さん

つきみ野在住 43歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter