大和版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

世界に発信、健康都市 シリウスの取組を紹介

社会

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
オンラインで健康都市の施策を語る大木市長
オンラインで健康都市の施策を語る大木市長

 大和市は4月21日、世界銀行東京開発ラーニングセンター(Tokyo Development Learning Center以下、TDLC)が主催する「都市開発実務者向け対話型研修(Technical Deep Dive以下、TDD)」に参加。健康都市の取り組みについて講義した。

 TDLCは、2004年から日本政府と世界銀行とのパートナーシップで運営されている信託基金プログラム。日本と世界の都市開発分野の知見収集や発信拠点の役割を担っており、世界銀行が途上国で取り組む都市開発事業の成果向上に貢献している。

 TDDは、TDLCの代表的な実践的知見共有プログラムで、国内外の最も効率の良い方法といえる知見を集約し、世界銀行のプロジェクトで実践できる解決策を生み出すことを目的としている。これまでは各国の参加者が一堂に会していたが、今回はオンラインでの開催となった。

 大和市には「健康に資する公共施設整備」をテーマに、シリウスを中心に施設(ハード)と施策(ソフト)が一体となって運用されている健康都市の取り組みについて講演の依頼があった。

 TDDは、4月19日〜23日の5日間開かれ、大和市は3日目の21日の講座の一コマを担当。海外との中継となるため、日本時間の午後9時30分〜10時(米国東部標準時間午前8時30分〜9時)の登壇となった。

 講師は大木哲市長が務めた。大木市長は「人・まち・社会」の3つの領域の健康の実現を目指す市の施策を説明した。研修には都市開発事業に取り組む途上国の政府関係者や世界銀行の実務者らが参加。参加者からは、公的な空間や施設を整備する重要性や、健康都市を目指す秘訣などについて質問が寄せられた。研修の最後には「居心地のよい居場所(サードプレイス)の大切さ、1000にも及ぶ市の全事業を健康都市の実現に紐付けたリーダーシップの重要性などについて、再発見があった」と講評があった。
 

シリウスの取り組みが紹介された画面
シリウスの取り組みが紹介された画面

安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のトップニュース最新6

副市長に小山洋市氏

大和市

副市長に小山洋市氏 社会

辞職の金子氏後任

5月14日号

文科大臣表彰を受賞

上和田中学校

文科大臣表彰を受賞 教育

図書館「生徒の居場所」に

5月14日号

待機児童数 6年連続ゼロ

大和市

待機児童数 6年連続ゼロ 社会

保育所の整備を推進

5月7日号

「三密」避けて「三越(さんこし)」で

大和市社協

「三密」避けて「三越(さんこし)」で 社会

見守り訪問継続に一工夫

5月7日号

11月6・7日に延期

神奈川大和阿波おどり

11月6・7日に延期 文化

ぞめきは中止に

4月30日号

世界に発信、健康都市

世界に発信、健康都市 社会

シリウスの取組を紹介

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter