大和版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

神奈川大和阿波おどり 11月6・7日に延期 ぞめきは中止に

文化

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
延期を発表する長谷川委員長
延期を発表する長谷川委員長

 神奈川大和阿波おどり実行委員会(長谷川雄一実行委員長)は4月23日、実行委員会を開き、当初7月24・25日に開催予定だった「第45回神奈川大和阿波おどり」を11月6・7日に延期すると発表した。7月11日開催予定だった「ぞめき」は中止となった。

最終判断は8月

 延期の判断は、実行委員会の前に行われた3役会で決定した。2年連続中止の可能性もある中、阿波おどりの灯を消さないための苦肉の策として11月6日(土)・7日(日)の延期開催となった。ただし盛夏から初冬へと季節も代わるため、開催時間などは依然調整中。また新型コロナの感染状況も予断を許さないことから、最終判断は8月に下されることが発表された。

 一方、シリウスのメインホールのステージで演舞を披露する「ぞめき」は来年2月23日(祝)の開催を検討していたが、連部会(梅澤宏之郎会長)から踊り手の確保が難しいとして、中止が決まった。実行委員会では代替の企画を検討するとしている。

人・金…課題山積

 開催日が4カ月延期となったが、決してスケジュールに余裕はなく、課題も山積する。

 協賛金集めは、見切り発車の中、コロナ禍での不況が追い打ちをかける。栗城健副実行委員長は、クラウドファンディングも検討したいと協力を呼び掛けた。

 またボランティア集めもコロナ禍が大きな影を落とす。毎回200〜300人がボランティアとして参加している阿波おどりには、一般応募者や協力企業、参加連などの関係者の他、光丘中学校や市内の県立高校、柏木学園の生徒が協力していた。ボランティア委員会の市川典子委員長は、「コロナ禍でのボランティア参加は、学校側も躊躇するのでは。関係者の家族も含め、自分たちでやるしかないかもしれない」と肩を落とした。

 躍り手も大変だ。新橋連の武井康時連長によると、あずま連、新橋連、蜻蛉連は3月末から週に1度、合同で鳴り物の練習を始めている。新橋連は昨年の2月から中断していた練習を、5月下旬からようやく再開するなど少しずつ「阿波おどりのある日常」を取り戻しつつある。7月下旬に山下公園で開催予定の阿波踊りイベントへの参加を目標に、モチベーションを高めていくが「こんなに休んだことがなかったので、従来のパフォーマンスができるか」と不安を口にする。

 この日の実行委員会では、毎年8月に山梨県大月市で開催されている阿波踊り大会が「屋内・無観客」で開催されることを聞き、「現実を考えると辛くなる」(武井さん)と本音を吐露した。

<PR>

大和版のトップニュース最新6

奉仕と平和を目指し60年

大和RC

奉仕と平和を目指し60年 社会

市民活動推進者に助成金

5月20日号

見えた2強の背中

大和高女子サッカー部

見えた2強の背中 スポーツ

県総合体育大会で3位

5月20日号

読書で文科大臣表彰

下福田中

読書で文科大臣表彰 教育

学校一体の取組が評価

5月13日号

補助金でSDGs啓発

大和YEG

補助金でSDGs啓発 社会

講演や動画で気運醸成

5月13日号

今年もオンライン配信

大和市民まつり

今年もオンライン配信 文化

「少しでも本物の臨場感を」

5月6日号

太極拳の会場に

ねんりんピックかながわ2022

太極拳の会場に スポーツ

県代表に地元チーム出場

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook