大和版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

踊って理解 認知症 RUN伴+やまとがPR動画制作

社会

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
誰でも踊れる振付になっている
誰でも踊れる振付になっている

 認知症当事者とその支援者、そして地域住民が駅伝のようにタスキをつなぐイベントを通して、認知症に対する理解を深め、暮らしやすいまち作りを目指す活動を続けている「RUN伴(ランとも)+やまと」が、誰でも「歌って踊ってつながろう」をテーマに動画制作を続けている。

 「RUN伴」とは、認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベント。タスキをつなぐという体験や出会いから、認知症への理解を深め、暮らしやすい地域づくりを提案することを目的に、2011年に北海道に始まり、全国へと広がった活動。13年に初めて関東を縦断し、大和市も参加した。「RUN伴+やまと」は16年からこの理念を大和市内で独自に広めている。

 動画制作のきっかけは、昨年5月の市民祭りでパレードに参加し、披露する予定だったオリジナルソングを、多くの人と共有したいとの思いから。「RUN伴+やまと」の立ち上げから携わる野間康彰さんが実行委員長となり、介護福祉施設や医療機関を中心に各種団体や企業に声をかけた。

 踊りは、フラダンスに振り付けを加えた誰でも踊れる簡単なもの。市内の介護施設の職員やその利用者らを中心に、企画に賛同する約30団体が参加。各施設で撮影した動画を編集、約3分の動画にする。野間さんは「コロナ禍に少しでもつながりを感じることができれば」と意義を語る。

 動画は9月15日までに撮影し、編集されたものが11月上旬に動画サイトにアップされる予定。

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

34年の活動が表彰

34年の活動が表彰 社会

母の会会長 石原幸美さん

6月24日号

認定せずも”傾向”を指摘

前副市長訴えの「パワハラ」 市議会

認定せずも”傾向”を指摘 政治

調査特別委が中間報告

6月24日号

自慢の歯、22人を表彰

自慢の歯、22人を表彰 社会

大和・綾瀬歯科医師会

6月24日号

「台湾少年工」紐解く

「台湾少年工」紐解く 社会

林さん(中央林間)が出版

6月24日号

女性議員割合は23%

市町村議会本紙調査

女性議員割合は23% 社会

地方議会全国平均上回る

6月24日号

新会長に高橋朝行氏

深見神社奉賛会

新会長に高橋朝行氏 文化

「神輿を再び見たい」

6月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook