大和版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

大和南女子バレー 決めた、4年ぶり「春高」

スポーツ

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
準優勝で4年ぶりいざ「春高」へ
準優勝で4年ぶりいざ「春高」へ

 「春高バレー」の神奈川県代表2校を決める第74回全日本バレーボール高校選手権大会県予選の準決勝と決勝が11月21日、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われ、大和南高女子バレーボール部が4年ぶり15回目の出場を決めた。

 春高出場を賭けた準決勝の横浜隼人戦は、相手のエースを徹底マーク。強打をことごとく拾い、攻撃に繋げる「らしさ」を思う存分発揮。4年ぶりの春高切符を手にした。

 勢いに乗り、決勝戦では大会3連覇中で今大会も全てストレートで勝ち上がってきた川崎市立橘高を相手に1セットを先取。優勝の期待が膨らんだが、相手の地力が勝り2セット連取され、準優勝で終わった。

 井上和昭監督は「この1カ月高いレベルの練習ができ、その成果が出た。レシーブ力は全国レベルまで成長した」と健闘を称えた。エースの郷右近(ごうこん)めいさんは「決勝戦は自分たちの全力が出せず悔いが残る」と悔しさをにじませたが、全国大会では「拾ってつないだボールをエースの自分が決め切って勝利を掴みたい」と意欲を見せた。

スタンドからの応援「とても嬉しかった」

 大会は原則無観客だったが、準決勝、決勝のみ各校50人の入場が認められた。同校では1、2年生が事前に応援を録音。保護者とベンチ入り以外のメンバーらが太鼓と過去の春高出場時に使用した「伝統」のスティック型バルーンを使って無言の応援を繰り広げた。コロナ禍で、大会の中止や無観客試合が続いていたため、キャプテンの佐々木美音(みお)さんは「自分たちの代で公式戦で応援してもらうのが初めてで、とても嬉しかった。応援している姿を見て頑張らなくちゃと力をもらった」と感謝していた。

 春高バレーは2022年1月5日(水)から、東京体育館で開催される。開催は無観客で実施。

「無言」ながら迫力ある応援が続いた
「無言」ながら迫力ある応援が続いた

大和版のローカルニュース最新6

不安を乗り越え本番へ

聖セシリア女子中学校・高等学校

不安を乗り越え本番へ 教育

ギター・マンドリンクラブ

5月13日号

シズル感を感じる作品展

シズル感を感じる作品展 文化

5月27日からシリウスで

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

トランポリンを寄贈

トランポリンを寄贈 社会

大和中ロータリークラブ

5月13日号

市の管理職女性は51人

新年度は207人で船出

市消防団

新年度は207人で船出 社会

新入団員を募集中

5月6日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook