大和版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

足跡辿り、交流に思い馳せ 大和日中友好協会が30周年

社会

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena
30年の足跡を語る石井会長
30年の足跡を語る石井会長

 大和地区日中友好協会(石井功会長)が11月23日、シリウス6階の生涯学習センターで設立30周年記念式典を開催した。

 式典は2部構成で、1部は関係者のみの式典が、2部は二胡奏者の本多ゆとりさんのコンサートが行われた。

 記念式典では前大和市長で同会の土屋侯保名誉会長が「友好活動を続けることが日中、さらには世界の平和につながる」と挨拶。石井会長が30年の会の足跡を紹介した。

 記念講演は、中央林間在住で(公社)日中友好協会副会長の宇都宮徳一郎氏(ミノファーゲン製薬社長)が「子々孫々の日中友好」と題し、祖父・徳馬氏から自身に続く日中関係について披露した。

 第2部の記念コンサートは一般参加者40人も参加。本多さんは「シルクロードのテーマ」や「蘇州夜曲」などを演奏。「上を向いて歩こう」では、会場からマスク越しに口ずさむ声が。中国でも人気の「昴」がアンコールで演奏されると会場は大きな拍手に包まれた。

 石井会長は「1年程前から準備していたが、ぎりぎりまで開催できないのでは、と思っていた。企画から演出まで全て手作りの式典だったが『大和らしい』と喜んでもらえ良かった」と安堵の表情を浮かべた。

弱冠18歳で堂々たる演奏の本多さん
弱冠18歳で堂々たる演奏の本多さん

大和版のトップニュース最新6

県内で唯一入賞

赤羽深鳥(みどり)さん(緑野小2)

県内で唯一入賞 教育

自然科学観察コンクール

1月21日号

卓球の天皇杯に出場

大武篤史君(中学3年)

卓球の天皇杯に出場 スポーツ

1回戦は高校生と対戦

1月14日号

厚木基地に情報提供要望

大木市長

厚木基地に情報提供要望 社会

新型コロナ感染急拡大受け

1月14日号

企業「影響ある」約8割

原油高騰・半導体不足

企業「影響ある」約8割 経済

商議所が会員アンケート

1月7日号

2176人が新成人

1月10日成人式

2176人が新成人 社会

密を避け3部制で祝う

1月7日号

柔軟に対応「大和モデル」

柔軟に対応「大和モデル」 社会

大木哲市長 新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook