大和版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

南林間女性有志 あいさつし合える地域に 2年越しに周年の集い

コミュニティ社会

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena
下校時見守り運動=南林間小学校/6月5日撮影
下校時見守り運動=南林間小学校/6月5日撮影

 2年前に15周年を迎えた「南林間地区レディーエンジェルス・あいさつの会」(森園廣子会長)が5月29日、コミュニティーセンター南林間会館で、2年越しとなる記念の集いを開催した。当初は一昨年前に集いを予定していたが、コロナ禍で延期になっていた。

 同会は2005年9月に南林間地区の女性有志が集まり、地域の防犯強化を目的に発足した。以来、近隣児童の下校時の見守り、月2回午後3時30分から約1時間の防犯パトロール、小学校の始業式・修了式など節目での呼びかけ運動などを精力的に行ってきた。加えて、「お互いの顔を見て直に声を交わすことが大切」との思いから、約10年前からは、毎月第3水曜日の午前8時から小田急線南林間駅前であいさつ運動も実施。通勤者から「朝の"おはようございます"の呼びかけに励まされている」と感謝の声が溢れている。

2スローガン決定

 集いは、新型コロナ感染拡大に配慮して来場者を30人に限定して開催。これまでのスローガンの「あいさつは小さな対話、大きな絆」から、第2期のスローガンとして地域住民から公募を募り、89の案が集まったことを発表。審査の結果「あいさつは心をひらく愛言葉」「あいさつの笑顔の奥にハッピーライフ」の2つを採用することが紹介された。森園会長は「SNSの発達でスマホなどで便利にコミュニケーションが可能になったが、直に顔を合わせてあいさつなど声を掛け合うことがとても大切。地域の防犯も、そうした社会環境が抑止効力に役立つ」と話した。

集いに参加したメンバー=写真は同会提供
集いに参加したメンバー=写真は同会提供

大和版のトップニュース最新6

「遺贈寄付」の意思を後押し

大和市

「遺贈寄付」の意思を後押し 社会

県司法書士会と協定締結

8月12日号

下鶴間に大規模工場

成城石井

下鶴間に大規模工場 経済

300人雇用 地元還元企画も

8月12日号

6年ぶり県制し、関東へ

つきみ野中女子ソフト

6年ぶり県制し、関東へ スポーツ

全国めざし8日に初戦

8月5日号

お笑いで防犯啓発

大和警察署

お笑いで防犯啓発 社会

芸人が被害者ゼロへ一役

8月5日号

骨粗しょう症検診を開始

大和市

骨粗しょう症検診を開始 社会

女性1万830人が対象

7月29日号

明日3年ぶり本大会

神奈川大和阿波おどり

明日3年ぶり本大会 文化

市内・徳島などから13連

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook