大和版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

大和市 有効な熱中症対策を 高齢者を中心に注意喚起

社会

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena

 6月としては国内の観測史上初めて40度超の最高気温が群馬県伊勢崎市で観測された6月25日をはじめ、6月下旬から暑さが急激に増し、大和市でも熱中症対策を呼び掛けている。

 ここ数年、大和市の熱中症による搬送者は猛暑日が最も多くなる、8月にピークを迎える傾向にある。しかし、2018年は梅雨明けがかなり早く、厳しい暑さが続いた。この結果同年は、市内でも7月の搬送者が例年に比べ飛躍的に多く、年間でもここ10年で最高数の搬送数となった。

 今年も似たような状況が予想され、市は熱中症対策として、市社協や地元の民生委員などと協力した注意喚起のほか、チラシの配布、高齢者を対象としたセミナーや講習会などでの呼びかけなど、積極的な対策を行っている。

 市が注意喚起する有効な対策は主に3つ。搬送者の半数以上が部屋の中からの搬送であることから、「エアコンの上手な使い方」を呼び掛ける。市によると、扇風機や換気扇との併用や、すだれやカーテンを活用した直射日光の遮断などで、適切な気温や湿度を保つことが大切だという。また、屋外で2m以上離れている時の「マスクの不着用」、1日あたり1・2リットルを目安にした「水分補給」の重要性も指摘する。

 市は「高齢の方は特に注意が必要。猛暑日はエアコンの使用や昼の外出を控えるなど注意をして下さい」と話す。熱中症対策の問合せは、市健康づくり推進課【電話】046・260・5663。

大和版のローカルニュース最新6

周囲の支えに応えたい

愛のある奉仕を

大和は第8分団が奮闘

大和は第8分団が奮闘 社会

4年ぶりに消防操法大会

8月12日号

中央林間に「新名所」

中央林間に「新名所」 文化

上村さん「地元を元気に」

8月12日号

多彩なステージ会場盛り上げる

多彩なステージ会場盛り上げる 文化

「夏まつり」盛況

8月12日号

大切なものを描いて

大切なものを描いて 教育

大和RCが作品募集

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook