ホーム > 海老名版 > ローカルニュース > 「中村」が県央地区で優勝

海老名

婦人バレー

「中村」が県央地区で優勝

綾瀬からは11年ぶり県大会出場
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
優勝に喜ぶ「中村」メンバー
優勝に喜ぶ「中村」メンバー

 綾瀬市立綾瀬小学校区の婦人バレーボールチーム「中村」(安永公子監督)がこのほど行われた「やまゆり杯・小田急旗争奪 第35回神奈川県家庭婦人バレーボール大会県央地区大会」で優勝した。チームは3月5日、6日に藤沢市の秋葉台文化体育館で行われる県決勝大会での上位入賞を目指す。

 県央地区大会には綾瀬・海老名・座間・厚木の4市と愛川町から27チームが出場。優勝と準優勝の2チームが県大会への「切符」を手にする。

 昨年の大会では3位とあと一歩のところで県大会出場を逃していた「中村」だが、今大会は予選リーグも順当に勝ち抜き、決勝トーナメントに進出。強豪「座間小」や、これまで勝績のない「栗原小」なども退ける快進撃を展開。念願の県大会出場決定の瞬間、メンバーは歓喜に沸いた。

 今回の県大会出場は、チームとしては22年ぶりの快挙。安永監督が現役だった時代までさかのぼる。久しぶりに返り咲く舞台を前に「応援や歓声の響く大きな大会。プレッシャーを跳ね除け、まずは一勝を目指したい」と安永監督は話している。

 綾瀬市内からの県大会出場も11年振りとなる。先月24日には笠間城治郎市長に県大会出場を報告し、「綾瀬の人たちの力、強さを存分に発揮していただきたい」と激励を受けた。
 

関連記事

powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大ホールの裏側を探検

文化会館

大ホールの裏側を探検

参加者を募集中

7月20日~7月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原