ホーム > 海老名版 > ローカルニュース > 国の重文財お目見え

海老名

国の重文財お目見え

龍峰寺で17日
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 海老名市国分北の龍峰寺で3月17日(木)、「国分水堂観音大祭」が開催される。

 当日は、国の重要文化財に指定されている「重文・千手観世音菩薩立像」=写真=が一般公開されるほか、境内では曲芸や漫談、マジックなどの大道芸が催される。

 龍峰寺の千手観音は仁王門から入って正面にある観音堂裏手に収蔵されており、元日とこの例大祭の年に2回だけ一般公開される貴重な木造。「清水寺式」と呼ばれる作風で、鎌倉時代末期に補修されたか、もしくは古い像にならって再興されたと考えられている。時間は午前10時から午後4時まで。問合せは龍峰寺【電話】046(231)5074まで。
 

関連記事

powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大ホールの裏側を探検

文化会館

大ホールの裏側を探検

参加者を募集中

7月20日~7月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原