ホーム > 海老名版 > ローカルニュース > "こんな時こそ歌を"

海老名

"こんな時こそ歌を"

森の中の小さな音楽会
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
菅野さん(写真左)の伴奏に合わせて歌う
菅野さん(写真左)の伴奏に合わせて歌う

 こんなときだからこそ、歌で楽しく過ごそう――。今月15日、海老名市国分北の清水寺公園で「森の中の小さな音楽会」が開かれた。

 この音楽会は市内上今泉在住の菅野弘さんが企画したもの。国分コミュニティセンターなどでハーモニカを奏で、利用者を楽しませている中で企画。11日の大震災や計画停電などで騒がれる中でも、「こんな時だからこそ」と音楽会の実施を決めた。

 会には近隣市から14人が参加。小鳥のさえずりが聞こえる公園のあずまやで、菅野さんの明朗な司会と伴奏に合わせて「早春賦」や「ふじの山」など親しみ深い歌や童謡を楽しんだ。選曲は参加者のリクエストで決定。途中、参加者による手品なども披露され、曇り空の中に温かい空気が溢れていた。

 音楽会を終えて菅野さんは「初めてお会いする方々とも一緒に楽しめた。ぜひまた機会があれば」と話していた。
 

関連記事

powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大ホールの裏側を探検

文化会館

大ホールの裏側を探検

参加者を募集中

7月20日~7月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原