ホーム > 海老名版 > ローカルニュース > 音楽で被災地支援

海老名

音楽で被災地支援

神奈川フィルが慈善公演
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
奏でる音楽に聴き入った
奏でる音楽に聴き入った

 海老名市役所で18日、神奈川県内唯一のプロオーケストラ「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」のメンバーが、東日本大震災や福島原子力発電所事故による被災者支援を目的にしたチャリティコンサートを開いた。

 この日は約400人が来場し、エントランスホールを埋め尽くした。演奏は同楽団のトロンボーン四重奏による小田和正の「たしかなこと」や、弦楽アンサンブルによる「サウンドオブミュージック」のメドレーなど全8曲が披露され、その音楽は市役所内へ響き渡った。

 集まった義援金27万6980円は(財)神奈川新聞厚生文化事業団などを通じ、被災地へ送られる。

 来場していた60代女性は「とても良い演奏会だった。海老名が盛り上がってたくさんの元気が届けば」と話していた。
 

関連記事

powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大ホールの裏側を探検

文化会館

大ホールの裏側を探検

参加者を募集中

7月20日~7月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原