海老名版 掲載号:2011年6月17日号
  • googleplus
  • LINE

江戸時代までの海老名 市史刊行 87話で構成

A5版 209ページ
A5版 209ページ

 海老名市域の原始から江戸時代までをまとめた市史「えびな歴史ものがたり上」が刊行された。遺跡からの出土品や、源頼朝と海老名氏、戦国時代の市域の生活、北斎・広重が画いた海老名の風景など、87話で構成されている。価格は1300円で市役所地下売店、温故館などで販売されている。

 「海老名市史」は平成4年度から刊行を開始。これまでに「通史編」が3巻、「資料編」が6巻、「別編」が1巻、発行されている。

 今回、刊行された「歴史ものがたり」は「通史編」に掲載した内容を扱ったもので、明治時代から現代までの歴史や民俗、美術、工芸などを紹介する下巻は24年度の刊行が予定されている。問合せは市教育委員会【電話】046(235)4925まで。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三川公園で絵画教室

三川公園で絵画教室

3月24日開催

3月24日~3月24日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク