海老名版 掲載号:2011年8月5日号
  • googleplus
  • LINE

放射線量 市民が独自に測定調査 市内3カ所・33地点で

社会

国分寺跡での測定の様子
国分寺跡での測定の様子

 「身近な場所の放射線量はどうなっているのか?自らの手でしっかりと測定したい」――。そんな思いから市内を拠点に活動する市民団体が先月末、独自に放射線量を測定した。

 20人ほどが参加したこの日は、ガイガーカウンターを手に、海老名駅前の中央公園、相模国分寺跡、国分南の学童保育施設の3カ所を巡り、33地点で線量を測定した結果、毎時0・04から0・08マイクロシーベルトを記録。特に地表付近での数値が高い値を示していた。

 参加した主婦は「自らと家族の安全を守るためには人任せにしておくわけにはいかない。自分の目で確かめる必要があると思い来た」と話した。

 この日の調査には科学技術関連の社会問題に取り組んでいるNPО法人「市民科学研究室」の上田昌文さんが同行。測定結果を受け、上田さんは「今回の測定結果から見ると、原発事故で放出され降下したセシウムは現在、ほとんど残存していないと考えていいだろう。むしろ、食物による内部被爆に対し、もっと注意を払うべき」と話した。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

全国大会で入賞

小学生バドミントン

全国大会で入賞

3月16日号

齊藤さんが登壇

グローバルユース国連大使として

齊藤さんが登壇

3月16日号

体の使い方教室

体の使い方教室

3月16日号

小原孝ピアノコンサート

女性が輝ける社会へ

海老名署で警察職務体験

「学生刑事(でか)」

海老名署で警察職務体験

3月16日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三川公園で絵画教室

三川公園で絵画教室

3月24日開催

3月24日~3月24日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク