海老名版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

市長選 渡部美憲氏が出馬表明 ハードからソフトへの転換訴える

政治

取材に答える渡部氏
取材に答える渡部氏

 任期満了に伴い11月13日の投開票で行われる海老名市長選挙に、元市議会議員で4年前の市長選にも出馬した渡部美憲(わたべよしのり)氏が無所属で立候補する意向を明らかにした。同選挙戦への出馬を正式に表明したのは渡部氏が初。現職の内野優市長も公言はしていないものの、3期目を目指す見通し。

 本紙取材に対し渡部氏は「震災からの復興は被災地のみならず、日本全国にいま一度、原点から見つめ直し、これからの日本、自分たちの街を見直せと語っている」とし、「海老名も例外ではなく、10年ぶりの交付団体転落は明らかにそのシグナルと受け止めるべき。市制40周年を迎えた今こそ、将来のビジョンを明確に見据えるべき」と話した。

 日本一の教育都市、日照権保障を視野に入れた自然エネルギー活用先進都市を目指すとしたほか、「給食の小中完全実施と中学の自校式給食化」「学童保育への公的支援の充実」「3世代が同居・近居できる環境整備」など、ソフト面の充実したまちづくりへの「転換」を訴えていくという。

 渡部氏は昭和40年海老名市上今泉生まれの46歳。神奈川大学卒業後、一般企業で株式上場業務などに従事した。平成11年に海老名市議会議員に初当選し、市議を2期務めた後、前回19年の市長選に立候補。「女性副市長の登用」や「会社員経験を活かした行政改革」などを訴え1万9328票を獲得したが、1期4年の実績を強調した現職に破れた。【8月24日起稿】
 

海老名版のトップニュース最新6件

製造、総合小売の3社表彰

女性の活躍推進事業所

製造、総合小売の3社表彰

3月16日号

「セグウェイ体験施設」誕生

日本初世界最大規模

「セグウェイ体験施設」誕生

3月16日号

「アレルギーっ子、知って」

扇町で初の「音楽祭」

介護保険の勉強会開催

最大会派「創志会」

介護保険の勉強会開催

3月2日号

総額は過去最大

2018年度当初予算案

総額は過去最大

3月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三川公園で絵画教室

三川公園で絵画教室

3月24日開催

3月24日~3月24日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク