海老名版 掲載号:2011年12月23日号
  • googleplus
  • LINE

海老名のベンチャー企業 小笠原島民の「足」に可能性 独自開発の電動スクーターに注目

文化

母島での走行実験の様子
母島での走行実験の様子

 海老名市国分南で電動式バイクを製造・販売するベンチャー企業「デンドーモータース(株)」(橋本幸一代表取締役社長)が開発した電動スクーターが世界自然遺産・小笠原諸島島民の「新たな足」として注目を集めている。

1回の充電で母島周回を走破

 小笠原諸島は、今年6月に固有な生物の生息を確認できることなどから、その価値が認められ世界自然遺産に認定された。

 島民の生活移動手段である車やバイクだが、排気ガスによる環境汚染の問題や、離島であるためガソリン価格が1リットル当たり200円から300円という高値であることを背景に、2年ほど前から環境負荷が少ない電動スクーターへの関心が高まっていた。

 これまでも大手メーカーなどの電動スクーターが「新たな島民の足」として試されてきた。しかし集落以外の場所は勾配の激しい道路形状なため、パワーやバッテリー不足に悩まされ、満足のいく結果が得られなかった。

 今年7月、デンドーモータースが、既存車を大幅に上回る登坂力を備えた電動スクーターを開発。その性能技術の高さを知った、小笠原諸島・母島の事業者からオファーが寄せられ、検討の結果10月に承諾した。

勾配はクリアも新たな課題浮上

 同社が開発したスクーターは急勾配の坂道には対応。しかし坂が多いため電力の消費量が多く、走行距離が短くなるほか、塩害問題など新たな課題が明らかになった。

 この課題を解消するため同社は新車両を開発。安価の鉛バッテリーを採用したまま、長距離走行を可能にし、フレーム強化や錆対策により、離島の厳しい環境に対応した新車両を持ち込み、母島で今月上旬に実施されたテスト走行では、1回の充電で島の周回を走破した。

 橋本社長は「この開発によって、世界自然遺産の自然保護や小笠原諸島に住む島民の方の暮らしが少しでも楽になればとても嬉しい」と話している。
 

海老名版のトップニュース最新6件

製造、総合小売の3社表彰

女性の活躍推進事業所

製造、総合小売の3社表彰

3月16日号

「セグウェイ体験施設」誕生

日本初世界最大規模

「セグウェイ体験施設」誕生

3月16日号

「アレルギーっ子、知って」

扇町で初の「音楽祭」

介護保険の勉強会開催

最大会派「創志会」

介護保険の勉強会開催

3月2日号

総額は過去最大

2018年度当初予算案

総額は過去最大

3月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三川公園で絵画教室

三川公園で絵画教室

3月24日開催

3月24日~3月24日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク