海老名版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

認 知 症サポーター 広がれ"オレンジの輪" 高齢化社会の課題を「地域」で支える

社会

オレンジのリングはサポーターの証
オレンジのリングはサポーターの証

 「認知症」を理解し、支援する「認知症サポーター」を養成する試みが全国的に進んでいる。海老名市でも今年度から本格的にこのサポーターを養成する講座を展開。来年度末までに200人の養成を目標に据えている。

 厚生労働省の調査報告によると85歳以上になると4人のうち1人には症状が現れるとされる「認知症」は、超高齢化社会を迎える日本にとって最重要課題とひとつだ。この問題を地域で共有しようという考えのもと、厚労省では2005年から10カ年計画で「認知症サポーター」の養成を進めている。

 海老名市でも5年前からサポーターの養成をスタート。講座を修了するとサポーターに認定される仕組みで、修了の証として手首にはめる「オレンジリング」が手渡される。昨年3月末時点で104人が講座を修了しサポーターとして登録され、オレンジ色のリストバンドを手にしている。

 認知症との新たな向き合い方としてテレビなどでも度々取り上げられ、サポーターの存在は多くの人が知るところとなった。

出前講座も検討

 今年度は4月、1月に講座を開講。40人程度が受講した。さらに2月上旬に市が催す講座は応募開始から数日で定員を超え、市担当課では現在、今年度中に講座を追加企画する方向で調整を進めているという。

 サポーターを養成しているのが「キャラバンメイト」という指導者。研修を受けた医療従事者や介護相談員らが、その役を担い、市内では30人のキャラバンメイトが講師を務める。その中のひとり、保健師の繁田純子さんは「多くの方に認知症を理解していただくため、出前講座なども受け付けて行きたい」と話している。問合せは高齢介護課【電話】046・235・4950まで。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク