海老名版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

被災地支援を続けている 三田村(みたむら)真希(まき)さん 中野在住 36歳

原動力は好奇心

 ○…「理由はないです。震災の映像を見たら『行かなきゃ』と思った。いても立ってもいられなかった」。震災直後に被災地を訪れて以来、自身のブログや開業している施術院で支援物資を募集。患者や知人はもちろん、活動を知った見ず知らずの支援者から支援物資が寄せられることも多く、毎月集まった支援物資を被災地に届け続けている。

 ○…ボランティアのきっかけはマザーテレサ。知人の薦めで著書を読み衝撃を受けた。インドにあるマザーテレサのボランティア施設の存在を知り、単身乗り込んだ。28歳の時だった。史上最悪の場所と呼ばれていたが、世界中から訪れている医療関係者やボランティアと働けるという好奇心が恐怖を超え自らを動かした。「厳しい現実をたくさん見ました」。3カ月滞在した後帰国。帰国後遣り残したことを取り戻すため海外協力隊を目指すも「やる気だけでは駄目」と断られた。「悔しかったですね。おかげで自分に何が出来るかを考えた。そのときに出会ったのがカイロプラクティックだったんです」。2年の勉強を経て免許を取得。再びインドへ旅立った。

 ○…子どものころから好奇心旺盛で、中学生の時景品交換所が気になり、化粧してパチンコ店へ。「何?どうして?」といろいろな事に常に関心があった。「友人の親は娘が私と付きあうのを嫌がったみたいですよ」。最近父親に褒められたことがうれしかった。「初めてです。厳しい父親でしたが被災地支援を知って『よくやっているな』って」。一番認められたかった父からの言葉に喜びも大きかった。

 ○…自分をリセットするために年に一度インドへ。「ある人によると私、前世でインド人だったそうですよ」。今気になるのはやはり福島のこと。「ボランティアを続ける理由?呼吸や食事と同じ。そんなに凄いことをしている意識はないです」。マザーテレサの精神は遠く離れた海老名の地で確実に受け継がれていた。
 

海老名版の人物風土記最新6件

安田 葉さん

上今泉のアトリエ「アルファ企画」解体前にイベントを企画・開催した

安田 葉さん

2月16日号

畠山 祐希さん

海老名市ジュニアリーダーズクラブの会長を務める

畠山 祐希さん

2月9日号

三谷 裕美子さん

設立15周年を迎える子育て支援団体「ポケット」の理事長を務める

三谷 裕美子さん

2月2日号

藤田 精子さん

今年50周年の「海老名市手をつなぐ育成会」で会長を務める

藤田 精子さん

1月26日号

吉部 由紀子さん

「えびな還暦のつどい実行委員会」の実行委員長を務めた

吉部 由紀子さん

1月19日号

原 亮さん

2018年海老名市成人式実行委員会の委員長を務めた

原 亮さん

1月12日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク