海老名版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

目 久 尻 川 をきれいにする会 「ホタルの里」復活なるか 事業スタートから10年目

教育

幼虫を放流する児童ら=杉本小学校
幼虫を放流する児童ら=杉本小学校

 海老名市東部を流れる目久尻川沿いに位置する杉本小学校(神崎直敏校長)と上星小学校(田澤もと子校長)の児童およそ210人が22日、ホタルの幼虫を放流した。流域住民らで組織する市民団体「目久尻川をきれいにする会」(飯田英榮会長)が10年前から取り組んでいる「ホタルの里事業」の一環。

杉本小、上星小児童が幼虫を放流

 「昔はこの辺りでもホタルがよく飛んでいたんだ。そんな風景を子どもたちにも見せてやりたくてね」。

 相武台団地(相模原市)付近をその源とし、座間、海老名、綾瀬、藤沢、寒川を経由し相模川に注ぐ総延長19・2Kmの一級河川・目久尻川流域ではかつて、梅雨時期の夕刻、幻想的な光を放つホタルが舞う光景があちらこちらで見られたという。

 しかし1960年代に入り高度成長の波が川の姿を一変させた。流域に住宅開発が進み、工場が進出。生活排水や工場排水が清流に流れ込み、水質は悪化の一途を辿った。水は黒く濁り、川底は望めない。当時を知る人は「家庭用の洗剤などで川が泡だらけだった」と話す。この当時「黒い川」と呼ばれた目久尻川流域からホタルは姿を消した。

 その後、下水道整備が進められ水質は改善。1995年から地域住民らが「きれいにする会」を立ち上げ、流域の環境整備活動を展開している。10年ほど前からは4月下旬になると鮎の遡上も確認されるほどにまでなったが、ホタルの自生は確認されていない。

 会では10年前からかつて数多くのホタルが生息していた杉本小と上星小周辺の小川でホタルを復活させることを目指した事業をスタート。

 生息環境を整備し毎年、この時期に幼虫と餌となるカワニナを放流している。当初は梅雨時期になっても光を確認することはできなかったが、ここ数年は放流数の1割程度とまだまだ数は少ないものの、夕闇を舞うホタルの姿を確認することもできているという。

 「ホタルの里」復活へ向けた取り組みは10年目となり、この日は杉本小と上星小の児童が220匹の幼虫と約1100匹のカワニナを放流。自宅からカワニナを持ってくる児童もおり、ホタルの成長を願った。

 同会によると、5月下旬から6月上旬にかけて幻想的な光を放つホタルが飛ぶ光景が見られる見込だという。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク