海老名版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

「防災意識高めて」 海老名高で西湘高生が講演

防災講演会の様子
防災講演会の様子

 海老名高校(小泉いずみ校長)でこのほど、県立西湘高校の生徒を招いて防災講演会が行われた。

 西湘高校は文部科学省から理科・数学教育を重点的に行うスーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)に指定されており、希望する生徒に「SSH防災」という講座を設け、防災の専門家の講義を受けたり、地域に出て実際に災害史をたどるなど、科学的に災害を学んでいる。

 この日は、まず西湘高の生徒が地震や津波のメカニズムのほか、富士山の火山灰が海老名に与える影響など、映像を交えて発表。次いで海老名高校の環境委員会メンバーが、災害時の安全な帰宅経路や、校内外の危険場所を発表し、防災に関するクイズも行われた。西湘生は「地域の防災訓練に参加するなど、防災意識を高めて欲しい」と訴えていた。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク