海老名版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

青空市出店者会の会長を務める 西山(にしやま)岩夫(いわお)さん 今里在住 65歳

真面目に一筋

 ○…「おぅ。いらっしゃい」。玄関を開けると笑顔で迎えてくれた。地産地消を目指し、地域の人と地元生産者をつなぐイベントを企画する「青空市出店者会」の会長。あさって27日には大谷でトマトのもぎ取り会を行う。「生産者がどんな場所で、どのように作ってるかを感じてもらいてぇな。そしたらもっと野菜や果物を好きになってくれると思うんだ」

 ○…本音を話すときは『正直言ってさ』が口癖。実家は農家で、4人兄弟の長男として小学生の時から農作業を手伝い、昔から地元農家とつながりがあった。近所の農業高校を卒業後、家業を継ぎ、40年前に「青空市出店者会」に仲間入りした。野菜や衣類など、業種問わずのさまざまな出店者たちに混じり、夫婦で朝5時から販売会に参加していた。「あの時は2人で本当に良く頑張ったもんだ。正直言って、寝れない日があるほど、忙しい時もあったなぁ」。隣に座る妻と顔を合わせてニッコリ。しかし、大型商業施設の出店により、次第に会場に来る人が減り、2003年に販売会は終了。会をなんとか残そうと新たに企画したのが体験イベント。朝9時に鳴らす花火がはじまりの合図。「一度、花火屋が日にちを間違えて来なかった時は大騒動だったよ。常連さんから『合図がないっ』って怒られちゃってさ」と大笑い。

 ○…「正直言ってさ、おいらはノーとは言えない性格なんだな」。自治会や消防団、神社の役員など、地域の関心ごとには全て取り組んだ。何役もこなしてきた努力は地域の相談役的存在になった。「家に帰ると妻から『また引き受けてきたのね』この一言は流すことはできるんだけどな」

 ○…「開発が進むにつれて地域のコミュニケーションが無くなっている気がする。その機会を作るためにいろいろと誰かが頑張らなきゃいけねぇんだよな」。育ってきた地元の伝統や風習を伝えていく役を果たしていく。
 

海老名版の人物風土記最新6件

安田 葉さん

上今泉のアトリエ「アルファ企画」解体前にイベントを企画・開催した

安田 葉さん

2月16日号

畠山 祐希さん

海老名市ジュニアリーダーズクラブの会長を務める

畠山 祐希さん

2月9日号

三谷 裕美子さん

設立15周年を迎える子育て支援団体「ポケット」の理事長を務める

三谷 裕美子さん

2月2日号

藤田 精子さん

今年50周年の「海老名市手をつなぐ育成会」で会長を務める

藤田 精子さん

1月26日号

吉部 由紀子さん

「えびな還暦のつどい実行委員会」の実行委員長を務めた

吉部 由紀子さん

1月19日号

原 亮さん

2018年海老名市成人式実行委員会の委員長を務めた

原 亮さん

1月12日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク