海老名版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

生ごみ減量セミナー

社会

約50人が話を聞いた
約50人が話を聞いた

 家庭の生ごみの減量を図ろうと企画されたセミナーが16日、市民活動サポートセンターで開かれた。

 この日は東京大学名誉教授で日本土壌協会会長の松本聰氏が「生ごみを分解する微生物の基礎知識」をテーマに、また環境NPO法人みなとエコヘルスの竹内昌二氏が「今日からできる生ごみ減量」をテーマに講演。50人ほどの市民が生ごみ処理機に使用される微生物や臭いの発生源、対処方法などについて学んだ。

 市資源対策課によると、昨年の生ごみ処理機の補助金申請台数は259台で、約33トンの減量につながっているという。

 市では昨年から生ごみ処理機の購入に対する補助額を上げ、電動式は上限5万円で補助率4分の3、非電動式は上限5千円で10分の9を補助している。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク