海老名版 掲載号:2012年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

ウニ漁再開の一助 被災漁港に発電機を寄付

届けられた発電機
届けられた発電機

 岩手県の大浦漁港に海老名市内で施術院を営む三田村真希さんらが1台の発電機を届けた。

 同漁港でウニ漁の再開にあたり、港に海水をくみ上げて作業するポンプが必要であるが電気が通っていないことが再開を遅らせていた。そうした折、漁師たちが発電機を探していることを支援仲間から聞いた三田村さんが、同じく市内で支援活動を続ける(有)堅昇土建(見上健一代表)に相談。

 賛同した同社から1台の発電機が寄付された。三田村さんによると漁師たちは、20人が作業に当たれると喜んでいたという。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク