海老名版 掲載号:2012年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

澁谷神社例大祭 見所は神事「みそぎ」 宮入前には「火渡り」も―15日

文化

6時ごろから入水する
6時ごろから入水する

 海老名の最南部に位置する澁谷神社で15日(日)に例大祭が行われる。市内では唯一、神輿を担ぎながら川に入水する「みそぎ」と「火渡り」が見られる勇壮な祭りには、毎年、市外からも見物客が多数訪れる。

※ ※ ※

 江戸中期にその起源をもつとされる同神社の大祭は、昭和30年代から変遷の時を迎えた。相模川の形状が変わり、急流や深みができ、入水が難しい状態になった。さらに水質悪化も顕著になり江戸の時代から地域に脈々と引き継がれてきた「みそぎ」は昭和35年に中止に追い込まれた。

 さらに40年には地区内から神輿が練り歩く姿が消滅。担ぎ手がいなくなったことが原因だったが、7年後に神輿保存会が立ち上げられ、「神輿復活」へ向けた機運が高まり始めた。

 眠り続けた神輿が再び担がれ始めたのは52年。しかし、この時点で入水は中止されたままで、相模川から汲んできた水を神輿と担ぎ手にかけることで「みそぎ」の代わりとしていた。この間にも地元自治会や神輿保存会などからは「入水神事の復活」を切望する声が、途絶えることはなかったという。

 平成15年に神社本殿が市の重要文化財に指定されたことを機に保存会が河川整備計画や現地調査に基づく実施案を作成。河川管理者や警察などから許諾を受け、43年ぶりに大祭の代名詞ともいえる「みそぎ」が復活した。

入水は6時ごろから

 今年も神輿は午後1時から地区内を練り歩き、午後6時ごろから旧戸田の渡し付近から河川敷に降り、戸沢橋の上流付近に入水する予定。川から上がり神社に戻る途中の大山街道で燃え盛るワラを踏み渡る「火渡り」を行った後、8時ごろに宮入りを迎える。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク