海老名版 掲載号:2012年7月20日号
  • googleplus
  • LINE

熱中症対策 「交番に氷袋あります」 県警管轄内では初の取り組み

氷は小袋に分けられている
氷は小袋に分けられている

 海老名警察署(小平博署長)は熱中症患者への初期対応を目的に、6月末から市内5カ所の交番(海老名駅前、海西、国分寺台、有馬、かしわ台駅前)に氷袋を用意している。県内では初の取り組みとなる。

 近年、猛暑の影響から熱中症と思われる市民や気分が悪くなった市民が交番に駆け込むケースが報告されている。 

 このような事態を受け同署では、救急隊が到着するまでの間、首筋や脇の下を冷やすなど、応急措置を施すことで重症化を防げればと、小分けにした氷袋が入ったクーラーボックスを5交番に配備した。

 市消防本部によると記録的な猛暑となった一昨年は、7月20日以降に熱中症による搬送件数が急増。9月までの4カ月間でその数は70件に達した。

 また、電力供給不足から「節電の夏」となった昨夏は、9月までに45件の搬送が報告されている。

 今夏は7月17日現在、6件の熱中症患者搬送が報告されているが、5つの交番で氷袋が使用された事例は報告されていない。しかし、関東地方では17日に梅雨が明けたことから今後、熱中症患者が増加すると予想される。

 氷袋の配備を起案した小平署長は「救助隊が到着するまでの間、具合が悪くなった方に対して署員が適切な初期対応を取ることで、市民の安全・安心を守っていきたい」と話している。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク