海老名版 掲載号:2012年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

県大会で優秀賞 市消防団第6分団

社会

目標に向けて放水する
目標に向けて放水する

 2年に1度行われる消防団による県消防操法大会が24日に行われ、海老名市代表として出場した第6分団(荒井孝作分団長、担当地区/下今泉・下今泉1〜5丁目)がポンプ車操法の部で優秀賞の成績を残した。

 大会は厚木市内の県総合防災センター内で開かれ、多くの観客が見守る中、市消防署員や消防団OBが大勢駆けつけ、「がんばれ!」などと応援の声が飛び交った。選手はポンプ車で水をくみ上げ、53m先の火元に見立てた目標に放水。一連操作の技術や時間を競い合った。

 荒井分団長は「多くの皆様に支えられて、日頃の成果を発揮することができました」と大会を振り返る。出場したメンバーは荒井孝作さん(36)、木村泰士さん(36)、杉山靖雄さん(39)、川邊光朗さん(36)、滝澤秀明さん(40)。

 消防団員は、消防業務で収入を得ていない一般市民がボランティア精神のもと組織されている団体。市内では14個分団の194人が活動に取り組んでいる。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク