海老名版 掲載号:2012年8月24日号
  • googleplus
  • LINE

墨章・岳雲の水墨画展 白と黒で描く自然美 文化会館であす25日(土)から

20点ほどの水墨画が展示される(写真は鈴木さん作)
20点ほどの水墨画が展示される(写真は鈴木さん作)

 文化会館であす25日(土)から「墨章・岳雲の水墨画展」が開催される。市内上今泉在住の鈴木墨章(本名/章博・67)さんと横浜市在住の武田岳雲(本名/典明・88)さんとの二人展で市内では初。午前9時から午後6時まで。

 水墨画は主に墨の黒と和紙の白で濃淡や明暗を表現する絵画で、日本には鎌倉時代に禅とともに伝わり、禅の思想を表すものが始まりとされている。

 二人は鳳墨会(現墨神会)の故小田喜五耕を師にもつ作家で、同会の理事を務める会の中心人物。鈴木さんは1989年に恩師の雪景色を描いた作品を目にしたことから「こういう水墨画が描きたい」と思い即、入門。10年ほど指導を受けた。

 自然の雄大さや、静けさなど自然から感じる「気」を描いた作風が特徴で、過去には文部科学大臣賞などを受賞。一方、自然の持つ力強さを光と影の陰影で表現した作風が特徴の武田さんもこれまでに環境大臣賞などを受賞している。

 同展には20号から50号までの作品や掛け軸などおよそ20点が展示。鈴木さんは「その場の雰囲気や、自然を前に『無』になってしまうことが伝われば」と話し、武田さんは「感動を素直に表している。水墨画の持つ勢いを感じてもらえれば」と話している。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク