海老名版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

「今後も拡大懸念」 風疹流行

社会

 県は8月23日に県内の風疹患者数が統計を取り始めた2008年以降初めて100人を突破したと発表した。昨年1年間の2倍に達する勢いで、今後も流行拡大が予測されることから、ワクチン接種や予防策の徹底を呼び掛けている。

 発表によると13日から19日の1週間で15人の届け出があり、累計の届け出は113人となった。流行は例年、8月中旬に沈静化する傾向にあるが、今年は増加し続けているという。

 ワクチン接種の移行期に当たり「免疫力が低い」とされる30歳から40歳代の男性が全体の53件で約5割を占めている。

 風疹は大人が感染すると重症化しやすいといわれる。また、ウイルスの胎内感染により先天異常を起こす危険性もあるため、県は予防策の徹底を呼びかけている。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク