海老名版 掲載号:2012年10月26日号
  • googleplus
  • LINE

東京大空襲の体験を語る 辻 里子さん 国分寺台在住 82歳

想いを次の世代へ

 ○…「戦争をなくしたい。これが悲願です」。1945年3月10日の夜中に東京大空襲を経験した。当時の様子や体験したことを語り継ぐ役目を引き受けたのは2年前。「今までは思い出したくないことがいっぱいありました。それ以上に伝えていかなければいけないことが沢山あると感じました」と空を見上げ、語り始めた。

 ○…15歳の少女は父が経営していた工場に家族や従業員と避難していた。「バリバリバリッと、今までに聞いたことのない音がしました」。いつもと違う雰囲気を感じながら待機していると、父が戻ってきて「ここにいたら蒸し焼きになるぞ」と全員で外へ飛び出した。そこで目にした光景は、見渡す限り燃え盛っていて赤く見える空と逃げ回る人たち。父の案内のままに走り着いた先はどぶ川のような沼地。そこへ身を潜ませ事態が過ぎさるのを待った。目を開くと「言うなれば地獄絵図の光景でした」と言葉を詰まらせる。一難去ってまた一難。一緒にいた妹の体が冷たいまま。家族全員が温めようと抱きかかえたが、そのまま母の腕の中で息を引きとった。「妹の最期は笑顔だったんですよ。あの時の顔は今でも忘れられません」。目には涙が溜まっていた。

 ○…「しばらくは、まともに向き合えなかった」。60歳を過ぎて、いつの時か戦争体験の講演会に行ったり、自分史を書くなど、過去を振り返ることができるようになってきた。そこへ戦争を伝えようとしている、自身よりひとつ下の世代の人たちから声が掛かり「自分があの時見た事、聞いた音、感じた事を伝えていければ」と決意した。

 ○…3月11日は妹の命日。昨年起きた震災の映像は67年前と重なり、悲痛な思いで見ていた。今でも自殺や虐待などのニュースが絶えないのが寂しくて仕方がない。子どもたちの幸せを誰よりも強く願っているからこそ、自分が体験したつらい真実でさえも伝えていく。
 

海老名版の人物風土記最新6件

安田 葉さん

上今泉のアトリエ「アルファ企画」解体前にイベントを企画・開催した

安田 葉さん

2月16日号

畠山 祐希さん

海老名市ジュニアリーダーズクラブの会長を務める

畠山 祐希さん

2月9日号

三谷 裕美子さん

設立15周年を迎える子育て支援団体「ポケット」の理事長を務める

三谷 裕美子さん

2月2日号

藤田 精子さん

今年50周年の「海老名市手をつなぐ育成会」で会長を務める

藤田 精子さん

1月26日号

吉部 由紀子さん

「えびな還暦のつどい実行委員会」の実行委員長を務めた

吉部 由紀子さん

1月19日号

原 亮さん

2018年海老名市成人式実行委員会の委員長を務めた

原 亮さん

1月12日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク