海老名版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

関東地区ホルスタイン共進会 「中農産牛」が初入賞 乳房のハリなどが高評価

カノン号と岩崎さん(写真中央)、清水さん(同左)栗山さん(同右)
カノン号と岩崎さん(写真中央)、清水さん(同左)栗山さん(同右)

 中央農業高校(上治正美校長)畜産科学科の乳牛、チュウノウ・アドベント・SBC・カノン号が11月10日、11日に栃木県内で行われた「第16回関東地区ホルスタイン共進会」年齢別3部(18カ月以上21カ月未満・未経産)で3位に入賞した。同校で生まれた乳牛が同共進会で入賞するのは創立以来初。

 共進会は牛の体型や骨格、腹の大きさ、乳房のハリなどいくつかの項目で競われる審査会。同校ではこれまでにも乳牛の体型や機能美を競う「関東ブラック&ホワイトショー」や同関東共進会などで入賞実績はある。しかし、いずれも酪農家から借り受けて飼育をしていた乳牛だったため同校で生まれ、育てた乳牛が高い評価を受けたのは初めてだという。

 一般酪農家などから100頭、同月齢の部で10頭が出場した今回の共進会で、カノン号には同科3年の岩崎武蔵さん(18)、2年の清水亮さん(17)、1年の栗山悠介さん(16)の3人が同行。本番の審査では当日の毛並みなども影響するため、3人は前日に会場入りしカノン号の毛刈りや洗体を施した。また横になり体毛が汚れないよう夜通し交代でコンディションの調整を行った。

3位、驚いた

 大勢の観客が見守る審査会場で、カノン号を歩かせる「リードマン」を務めた岩崎さんは「ほかの牛と比べて体が小さかったので直前の食事の調整など3人で工夫したのがよかったのでは。3位と聞いて驚いた。中農初なのでうれしい」と話し、清水さん、栗山さんも「いろいろな牛を見ることができ、多くの酪農家さんとも出会えてとても勉強になった。今回の経験を今後に生かしたい」と話していた。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク