海老名版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

絶滅危惧種「ニホンオキナグサ」を育てる 池亀(いけがめ)かよさん 本郷在住 66歳

感情全開にフル活動

 ○…鮮やかな色で咲く西洋種の花に比べ、華やかさはない「ニホンオキナグサ」。地味な部分に「日本情緒を感じる」と、10年前から育て始めた。子どものころから花が大好きで、道端で見かけた花をいつまでも忘れなかった。将来は家でガーデニングをしようと考えていた中、頭に浮かんだのは当時のあの景色。開花のこの時期は子どもが巣立ったように「こっちの子も見て」と満面の笑みで紹介する。

 ○…働いていた時代はバブル絶頂期。バリバリの仕事人だった。「自分で何かをしたい」と30代のときに印刷会社を起業。そこで経験した苦い経験は男女の差だった。「飲みにも行けない女は小さい仕事しか回してもらえなかったの」と当時のことを思い出し顔をしかめる。負けず嫌いで行動派。この経験が性格に火をつけ、コツコツと仕事をこなし、大きな仕事も任せてもらえる信頼を勝ち獲った。その後も新しいことへ挑戦し続け、不動産会社やパーティーレストランなどを起業する実業家に。

 ○…人一倍こだわりが強い。自然のものは自然で育てるのがポリシーで、オキナグサを育てるナチュラルガーデンもそうだが、畑で育てる野菜も基本的には無農薬。「ウチのキャベツは青虫に食べられて、穴だらけなの。でもそれでいいの。市販ではない、みずみずしさや甘さが詰まっているから」と一生懸命そのおいしさを教えてくれる。

 ○…司馬遼太郎が「まるで作ったように美しい」と賞賛した山形県白鷹町の出身。「故郷の良さを知ってもらいたい」。ボランティアで地元の地域活性に携わる。地芝居や料理、工芸、樹齢500年以上の古典桜の名所など大自然を味わえる。その魅力を伝えるために企業とタイアップしてツアーを企画。地元との橋渡し役として海老名から活動する。「一度来てもらえれば、絶対に良さを実感してもらえるはず。なんとか皆を連れて行かなきゃ」と目を輝かせる。
 

海老名版の人物風土記最新6件

福川 敦さん

海老名市テニス協会で会長職を務める

福川 敦さん

7月27日号

鈴木 武幸さん

ビナウォークの所長を務める

鈴木 武幸さん

7月20日号

小林 裕輝さん

えびなデイサービス連絡会の会長に就任した

小林 裕輝さん

7月13日号

桜林 芙美さん

乳がん患者が集う「おしゃべり会」を主催する

桜林 芙美さん

7月6日号

杉崎 文男さん

「海老名・共助社会づくり推進の会」の会長を務める

杉崎 文男さん

6月29日号

上田 尚輝(なおあき)さん

「海老名で第九を歌おう会」の団長を務める

上田 尚輝(なおあき)さん

6月22日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク