海老名版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

杉本小4年生 ホタルの幼虫を放流 6月上旬に「飛舞」の見込み

社会

幼虫と餌となるカワニナを放った
幼虫と餌となるカワニナを放った

 杉本小学校(神崎直敏校長)の4年生107人が19日、同校正門前のふれあいたんぼの小川にホタルの幼虫を放流した。同校脇を流れる目久尻川の美化活動に取り組む市民団体が展開する「ホタルの里事業」の一環で今年で11回目。

 目久尻川流域では50年ほど前までホタルの飛来が見られたという。しかし1960年ごろから生活排水などの影響により急速な汚濁が問題となった。

 その後、下水道整備が進められ、水質は改善。95年に地域住民らが「目久尻川をきれいにする会」を立ち上げ、流域の環境整備活動を始めた。10年ほど前からは4月下旬になると鮎の遡上も確認されるほどにまでなったが、ホタルの自生は確認されていない。

 会では10年前からかつて数多くのホタルが生息していた地域の生息環境を整備し毎年、3月末に幼虫と餌となるカワニナを放流している。

 総合学習のテーマとして春から目久尻川をさまざまな角度から学んできた4年生の児童はこの日、幻想的な光を放ち舞う姿からは想像できない幼虫の姿に驚きながら、「飛ぶのが楽しみ」などと話しながら幼虫とカワニナをそっと小川に放っていた。

 同会によると、昨年は5月下旬から6月上旬にかけ、多い日で11匹の飛来が確認されたという。今年も同時期に夕闇の中で幻想的な光の舞いが見られる見込みだという。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

野球ひじ、予防へ

海老名車両基地ツアー

引退間近のロマンスカーで行く

海老名車両基地ツアー

7月27日号

市民の意見、議員へ

ビナレッジで健康講座

口腔がん検診

口腔がん検診

7月27日号

撤去に補正予算

市内の危険ブロック塀

撤去に補正予算

7月27日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク