海老名版 掲載号:2013年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

提灯作り最盛期 東柏ケ谷 の(株)栄信社

社会

ひとつずつ丁寧に色を入れる高橋会長
ひとつずつ丁寧に色を入れる高橋会長

 夏祭りが近づき、東柏ケ谷の「(株)栄信社」(高橋裕之代表取締役)の提灯作りが最盛期を迎えている。

 江戸時代ごろから照明器具などに使われ普及した提灯。芝居文字や寄席文字、籠文字など、文字だけでもその種類はさまざま。

 今では作れる人は県内でも数えるほどになってしまった「提灯職人」が同社の高橋栄会長だ。「よそにないものを作る」をモットーに今年で77歳の現役職人。市内のみならず市外からも製作依頼が続々と入ってくるという。

 高橋会長は「自分が楽しんで作っています。これが祭りで皆の楽しみになるのですから」と話している。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク