海老名版 掲載号:2013年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

「また海老名に来たい」 南相馬の子どもと交流

教育

お互いに手を振り別れを惜しんだ
お互いに手を振り別れを惜しんだ

 中野の妙泉寺で23日、3泊4日の海老名市と福島県南相馬市の子どもたちの交流イベント”寺小屋合宿”が最終日を迎えた。

 南相馬の子どもたちを招待するだけでなく、海老名の子どもたちとつながりを持ってもらおうと「顔の見える関係」をテーマに5月から市民によって企画された同イベント。運営資金や食材などが多くの市民から寄せられた。

 海老名の和太鼓チーム「東柏太鼓」の演奏会をはじめ、相模川での川遊びや流しそうめんなどを通じて交流を図った。

 中でも人気を集めたのは22日夜に行われたキャンドルファイヤー。海老名市ジュニアリーダーズクラブの指導のもと、童謡などを歌いながら体を動かすレクリエーションに参加した子どもは、汗びっしょりになりながら満面の笑顔で遊んでいた。

 帰りのバスが発車するとお互いに名前を叫びながら大きく手を振って別れを惜しんだ。

 南相馬から参加した清信龍弥さんは「また海老名に来てみんなと話したい」と振り返った。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク