海老名版 掲載号:2013年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

JICAの青年海外協力隊としてエチオピアに派遣された 根立(ねだち)隆志(たかし)さん 今里在住 33歳

突き詰めるまでやる

 ○…JICA(国際協力機構)の青年海外協力隊として2年間エチオピアに派遣されることが決まり、9月30日の夜半、日本を飛び立った。化学メーカーに勤務し船舶のエンジンに使われる油や水の分析を専門にしていることから、現地では井戸水などの水質検査などに従事する。「70日の訓練も終えて今は早く行きたいという気持ちと、どれだけ役に立てるかという不安の両方です」と白い歯を見せた。

 ○…24歳の時、友人に誘われフィリピン旅行に出かけたのがきっかけで「外の世界」に関心を持つように。「英語の勉強になれば」と軽い気持ちで出かけたが、いざ足を踏み入れるとインフラの不備や貧困など「知らない世界」が広がっていた。「こんな社会があったのか」と衝撃を受け、以来会社の休みを利用しては世界を渡り歩き、訪れた国は30数カ国に上る。「数は問題ではない。1週間位いても本質は見えない。実際に生活してみないと」。何が正しくて何が間違っているのかを2年かけて自らの眼で見極める。

 ○…中学、高校、大学とバドミントンに傾けた情熱は社会に出ても色あせず、その甲斐あって社会人の全日本大会に県の代表として出場を果たした。その原動力は少年時代に遡る。「地区大会で表彰台に上ったのがうれしかった。あの経験が『やればできると』いう自信につながった」。ほかにもホノルルマラソンや東京マラソンに出場するなど、興味を持った事へは1段も2段もギアをアップさせ力を入れる。「興味を持つと真っすぐになってしまう。やるからには突き詰めたくなるんです」

 ○…旅先で日本人が関わって建てた学校などを何カ所も見た。そのたびに現地の人が日本人に良いイメージを持っていてくれることを知り「日本人で良かった」と感じた。「どれだけ役に立てるか分からないが、自分の持っている力で現地の力になれば」。表情は明るく、自信に満ちていた。
 

海老名版の人物風土記最新6件

福川 敦さん

海老名市テニス協会で会長職を務める

福川 敦さん

7月27日号

鈴木 武幸さん

ビナウォークの所長を務める

鈴木 武幸さん

7月20日号

小林 裕輝さん

えびなデイサービス連絡会の会長に就任した

小林 裕輝さん

7月13日号

桜林 芙美さん

乳がん患者が集う「おしゃべり会」を主催する

桜林 芙美さん

7月6日号

杉崎 文男さん

「海老名・共助社会づくり推進の会」の会長を務める

杉崎 文男さん

6月29日号

上田 尚輝(なおあき)さん

「海老名で第九を歌おう会」の団長を務める

上田 尚輝(なおあき)さん

6月22日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク