海老名版 掲載号:2013年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

ドッジボールチーム中新田ファイヤーズ 4年ぶりの「関東切符」 5度目の出場決める

スポーツ

全メンバーで準優勝を喜んだ
全メンバーで準優勝を喜んだ

 中新田のドッジボールチーム「中新田ファイヤーズ」(棚橋亜紀監督)が10月13日、「富士シティオ&スリーエフカップ第19回神奈川県ドッジボール選手権」の男子・単独混合の部で準優勝し、4年ぶり5度目の関東選手権の出場を決めた。

 関東選手権の予選を兼ねた今大会には県内から28チームが出場。上位4チームへ与えられる「関東切符」を目指し熱戦を繰り広げた。

 ファイヤーズは予選リーグを危なげなく突破し決勝トーナメント1回戦で「足柄ハリケーン」と対戦。序盤から相手にリードを許す苦しいゲームだったが、8対4で勝利し準々決勝に駒を進めた。

 「関東切符」をかけた「大和」チームとの準々決勝は激しい戦いとなった。1セットずつを奪い合い、迎えた最終セットもサドンデスにまでもつれ込む展開。この激戦を制したファイヤーズは4年ぶりの関東選手権への出場権を手中に収めた。

惜しくも準優勝

 大一番を制し臨んだ準決勝を「今大会一番の攻めの試合運び」で勝利し10年ぶりに駒を進めた決勝戦で対峙したのは、夏の大会を制している「デイリー相模原ボンバーズ」。

 1セット目はリードし終盤を迎えるも残り2秒で逆転を許しセットを失った。

 守り合う展開となった2セット目はファイヤーズが奪取。最終セットまでもつれ込む接戦を繰り広げたが、「神奈川の頂」には一歩届かず準優勝に終わった。

「上位を目指す」

 4年前に出場した関東選手権でファイヤーズは、強豪チームが揃う厳しいグループ予選で1勝したものの予選敗退だった。1都7県から、32チームが参加し11月17日から茨城県ひたちなか市で催される今年の大会。チームは現在この時の雪辱に燃え練習中だ。

 棚橋監督は「緊張感のあった接戦を制したことで精神的にとても成長できた。これに慢心せず、上位を目指したい」と話している。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

野球ひじ、予防へ

海老名車両基地ツアー

引退間近のロマンスカーで行く

海老名車両基地ツアー

7月27日号

市民の意見、議員へ

ビナレッジで健康講座

口腔がん検診

口腔がん検診

7月27日号

撤去に補正予算

市内の危険ブロック塀

撤去に補正予算

7月27日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク