海老名版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

県代表として全国大会に出場する「相州海老名東柏太鼓」の監督を務める 島田 昭彦さん 東柏ケ谷在住 41歳

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

響きあう情熱を伝える

 ○…日本人の魂のルーツ「和太鼓」。胸に衝撃を走らす鼓動は勇壮でダイナミックなリズムを奏でたり、繊細で穏やかな響きとなって聴く人の魂を震わせる。1980年に創設した父とともに「相州海老名東柏太鼓」の舵をとる。「仕事以外の時間はご飯を食べるか寝るか、太鼓の指導をするかしかやっていないですね」と首をかしげ、目線を上に答えを出す。

 ○…小学生のころから太鼓に触れ合い、日常の一部となっていた。地域の行事などに向けた練習で、指導をしていた父からは「褒められた思い出は全くないね」と当時を振り返る。3人兄弟の長男として育ち、父譲りの「曲がったことが大嫌い」なしっかり者に。隣に座っていた母は「下の子たちはお兄ちゃんの言うことはちゃんと聞くしね」と笑みを浮かべる。兄弟がいつまでも仲良くしてほしいという祖父からの願いが、父、自分へとしっかり受け継がれている。家の廊下やリビングに飾られている家族や太鼓仲間の写真が心をホッコリさせた。

 ○…温かい笑顔だった表情も太鼓の話になると真剣な顔つきに。小学4年生から高校2年生が所属する会では年齢に関係なく、挨拶や時間厳守、準備など、礼儀やマナー部分でも妥協は許さない。「これができないと必ず音もずれる。仲間たちの気持ちがひとつになって、信頼し、太鼓を叩かなければいけない」。選抜メンバーを決めるのも妥協はしない。メンバーたちもその思いを受け止め、皆必死の覚悟でバチを持つ。

 ○…2年連続5度目の全国大会に向け、「今までにないほど真剣に取り組んだ」と厳格な表情がその大変さを物語る。寝ても覚めても太鼓のことが頭をよぎる。大きなプレッシャーで体調を崩したこともある。「本当にたくさんの人に支えてもらって、大会に挑むことができる。精いっぱいやって全力を出し切るのみ」と向かいに座る父と顔を合わせ、2人がうなずいた。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

上高原 拓也さん

全国大会出場を決めた海老名中学校吹奏楽部の顧問を務める

上高原 拓也さん

海老名市国分南在勤 43歳

9月17日号

多賀 輝夫さん

目久尻川の川の中の清掃活動を自主的に行っている

多賀 輝夫さん

座間市栗原中央在住 79歳

9月10日号

二見 昌実さん

第61回湘南梨品評会で最高賞の優等を受賞した

二見 昌実さん

海老名市門沢橋在住 49歳

9月3日号

久野 新一さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部さがみ支部支部長に就任した

久野 新一さん

58歳

8月27日号

牧 篤矢さん

ビーチテニス日本代表として10月のワールドカップに出場する

牧 篤矢さん

綾瀬市深谷上在住 24歳

8月20日号

吉川 精一さん

大和税務署管内団体長会の会長を務める

吉川 精一さん

座間市入谷西在住 71歳

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook