海老名版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

温故館 絵図で見る江戸の海老名 3月23日には展示解説も

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
田畑や山、道路、河川、寺院、屋敷などが簡略な形で描かれている「杉久保村絵図」(天保7〔1836〕年)[海老名市提供]
田畑や山、道路、河川、寺院、屋敷などが簡略な形で描かれている「杉久保村絵図」(天保7〔1836〕年)[海老名市提供]

 江戸時代に描かれた「絵図」を公開する企画展が3月15日から相模国分寺跡西側の温故館(国分南1の6の36)で始まった。同館や市立歴史資料収蔵館が所蔵する「村絵図」を中心に約20点が展示されている。

 道や田畑、寺社など地域の景観を平面に簡略化した絵図は、現在でいえば「イラストマップ」のようなものだ。江戸時代には領主が支配領域の把握を目的に村の絵図を作らせた。

 海老名市域ではこの時代の絵図が比較的多く残されており、下今泉村、上郷村、河原口村、望地村、中新田村、杉久保村、上河内村、本郷村、門沢橋村の「村絵図」の現存が確認されている。

 企画展では市が所蔵し、保存・修理を終えたものを中心に中新田、上河内、杉久保、本郷の「近世村絵図」など約20点を公開。初日から多くの来館があり、関心の高さをうかがわせた。

 3月23日(日)には温故館の片山兵衛さんが展示物を解説する予定。申し込みの必要はなく、午後1時30分から。問合せは温故館【電話】046・233・4028へ。

歴史資料収蔵館ではきょう大型絵図公開

 旧杉久保村の高橋善治が模写した「相模国絵図」がきょう3月21日に歴史資料収蔵館(河原口2の27の3)で特別公開される。

 文政13(1830)年に書かれた畳2畳ほどの大型絵図で、相模国内の全村名、道、里程(距離)が詳しく描かれている。問合せは歴史資料収蔵館【電話】046・232・3611へ。

公開初日の15日、絵図を食い入るように見る来館者
公開初日の15日、絵図を食い入るように見る来館者

海老名版のトップニュース最新6

「救急出動」が過去最多

市消防本部

「救急出動」が過去最多 社会

前年を超える7413件

1月24日号

日本JCの組織拡大議長に

海老JC所属曽根氏

日本JCの組織拡大議長に 経済

海老名での実績認められ抜擢

1月24日号

関東大会に出場

海老中吹奏楽部金管八重奏「金八」

関東大会に出場 文化

アンサンブルコンテストで

1月17日号

本郷の武井さんがV2

県いちご品評会(果実の部)

本郷の武井さんがV2 経済

「高級ブランド化めざす」

1月17日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

新会館建設に注力

商工会議所三田会頭

新会館建設に注力 経済

将来を見据えたサービスを

1月10日号

将来を見据えた動きを

将来を見据えた動きを 政治

内野市長、新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でお金を学ぶ

親子でお金を学ぶ

2月29日 有馬図書館で

2月29日~2月29日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク