海老名版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

温故館 絵図で見る江戸の海老名 3月23日には展示解説も

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
田畑や山、道路、河川、寺院、屋敷などが簡略な形で描かれている「杉久保村絵図」(天保7〔1836〕年)[海老名市提供]
田畑や山、道路、河川、寺院、屋敷などが簡略な形で描かれている「杉久保村絵図」(天保7〔1836〕年)[海老名市提供]

 江戸時代に描かれた「絵図」を公開する企画展が3月15日から相模国分寺跡西側の温故館(国分南1の6の36)で始まった。同館や市立歴史資料収蔵館が所蔵する「村絵図」を中心に約20点が展示されている。

 道や田畑、寺社など地域の景観を平面に簡略化した絵図は、現在でいえば「イラストマップ」のようなものだ。江戸時代には領主が支配領域の把握を目的に村の絵図を作らせた。

 海老名市域ではこの時代の絵図が比較的多く残されており、下今泉村、上郷村、河原口村、望地村、中新田村、杉久保村、上河内村、本郷村、門沢橋村の「村絵図」の現存が確認されている。

 企画展では市が所蔵し、保存・修理を終えたものを中心に中新田、上河内、杉久保、本郷の「近世村絵図」など約20点を公開。初日から多くの来館があり、関心の高さをうかがわせた。

 3月23日(日)には温故館の片山兵衛さんが展示物を解説する予定。申し込みの必要はなく、午後1時30分から。問合せは温故館【電話】046・233・4028へ。

歴史資料収蔵館ではきょう大型絵図公開

 旧杉久保村の高橋善治が模写した「相模国絵図」がきょう3月21日に歴史資料収蔵館(河原口2の27の3)で特別公開される。

 文政13(1830)年に書かれた畳2畳ほどの大型絵図で、相模国内の全村名、道、里程(距離)が詳しく描かれている。問合せは歴史資料収蔵館【電話】046・232・3611へ。

公開初日の15日、絵図を食い入るように見る来館者
公開初日の15日、絵図を食い入るように見る来館者

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

常任委員会が否決

座間市職員定数改正案

常任委員会が否決 社会

提案のプロセスを問題視

9月17日号

創部初の全国出場へ

海老名中吹奏楽部

創部初の全国出場へ 教育

県勢としても6年振り

9月17日号

川のゴミを毎日清掃

栗原中央在住多賀輝夫さん

川のゴミを毎日清掃 社会

1日で「軽トラ一台分」回収も

9月10日号

全国大会で健闘

中学生ゴルフ

全国大会で健闘 スポーツ

新地さん2位、山崎さん3位

9月10日号

柔道で「全中」優勝

ナコスティン王未土さん

柔道で「全中」優勝 スポーツ

座間在住 東海大相模中3年

9月3日号

自宅療養者支援を強化

海老名市コロナ対策

自宅療養者支援を強化 社会

10人増員で30人体制に

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook