海老名版 掲載号:2014年4月11日号 エリアトップへ

国分御輿 新たな姿で渡御 13日の弥生神社例大祭で

文化

掲載号:2014年4月11日号

  • LINE
  • hatena
修理を終え地元に戻った御輿
修理を終え地元に戻った御輿

 12年前に完成した「国分御輿」が経年劣化による「傷み」に修理を施し新たな姿に生まれ変わった。あさって13日(日)に催される弥生神社の例大祭で、漆塗りの屋根にメッキ加工が施され、輝きを取り戻した鳳凰を冠した宮御輿がお披露目される。

漆黒の屋根で鳳凰も輝き

 「国分御輿」は国分南に暮らす中里由美男さんらが中心となり地元の御輿愛好者が資金を出し合い製作した。15年前、宮大工の流れをくむ門沢橋の大工・内田吉保さんに製作を依頼し、3年を要し完成した御輿は全長7m、重さ350kgと大型の宮御輿で30人近い担ぎ手を要するという。

 十二支や龍などの細やかな木彫や、きらびやかな装飾品が配され、内田さんがこだわった鳳凰を屋根に乗せた御輿は一般的に補修が必要とされる10年を経過し、昨年9月に製作者の内田さんのもと持ち込まれていた。

 ひとつずつ外されメッキ加工が施された装飾品は輝きを取戻し、屋根は名古屋に運ばれ漆塗り仕上げられた。躯体も全て分解され12年間、蓄積された汚れを取り除くなど、半年間のメンテナンス作業を終え、3月末に地元に戻った御輿を前にした関係者は「とても美しい。見違えるような姿に仕上がった」などと話した。

 御輿を管理・保存している「国分御輿保存会」の倉橋正美会長は「この御輿は次世代に引き継いでいきたい大切な地域の宝。13日にはより多くの方に勇壮で美しい御輿をご覧いただきたい」と話している。

 新たな姿に生まれ変わった「国分御輿」は13日午前9時50分ころに弥生神社を出輿。上今泉、国分、中央エリアを巡った後、午後7時に宮入を迎える。

 主な地点の通過予定時刻は以下の通り。▼さくらい幼稚園(午前11時)▼常泉院(正午)▼国分第2公園(午後1時)▼並木橋(2時)▼橙(2時30分)▼中央交差点(3時10分)▼ビナウォーク(4時)▼喰の道場(4時30分)▼国分寺そば(5時)▼国分寺(6時)▼弥生神社鳥居(6時30分)

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

プレミアム付商品券発行へ

座間市

プレミアム付商品券発行へ 社会

2月中旬利用開始予定

11月27日号

国登録有形文化財に

海老名市上郷嶋崎家住宅

国登録有形文化財に 社会

市内2例目、主屋と離れ2棟

11月27日号

おでんナイト本日開催

海老名駅西口

おでんナイト本日開催 文化

すぐそばでイルミ点灯式も

11月20日号

早期治療で疫病退散

栗原神社シラカシの木

早期治療で疫病退散 文化

樹齢530年、ナラ枯れ回避

11月20日号

「想定以上の反響」

座間市アウトリーチ支援

「想定以上の反響」 社会

ひきこもりに専門家対応

11月13日号

20日からイルミ点灯

2千個のブルーライト、当日式典も

20日からイルミ点灯 文化

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク