海老名版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

カザグルマ 絶滅防ぐ大きな一歩 取り組みから4年、初めて開花

教育

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena
直径13cmの花を咲かせた
直径13cmの花を咲かせた

 県立中央農業高校(江原洋一校長)で4月19日、2010年から増殖に取り組んでいる絶滅危惧種「カザグルマ」が初めて花を咲かせた。自生地で活動する相模原の保存団体「カザグルマを守る会」(西康夫代表)は「絶滅を防ぐ上で大きな一歩となる」と話している。

 2010年に「カザグルマを守る会」から依頼され、バイオテクノロジー技術を生かした増殖に向け、同校の生徒たちを中心に動き出した。

 活動では自生地のカザグルマと土壌を使い、栄養分の割合や植え方など実験・研究には試行錯誤を繰り返し行われた。その都度、成長過程を確立しながらカザグルマを育てていった。

 また絶滅危惧種の存在を知ってもらおうとテレビ番組への出演や園芸ボランティア活動などを通して、カザグルマの存在を伝える取り組みも行った。

 4月15日、生徒たちが枝につぼみを発見。花の開花を待ちわびた。19日の夕方、生徒たちが開花を発見すると歓喜の声があがっていたという。

 同校の渋谷幹雄教諭は「増殖には成功していても形質の変化を確認することは花を咲かせてみないとわからなかったが、今回の開花により形質の変化を起こさず、組織培養での増殖が可能と証明できたことは非常に価値のある開花だった。今後の課題は自生地へ移したときにしっかりと育つかにある」と話した。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

8月7日に赤鼻(レッドノーズ)イベント

8月7日に赤鼻(レッドノーズ)イベント 社会

小児病棟の道化師に思い託す

7月30日号

26年の活動に終止符

目久尻川をきれいにする会

26年の活動に終止符 文化

会員高齢化「目的は達成」

7月30日号

身近にある共生社会

タウンレポート

身近にある共生社会 経済

障がい者雇用、「6年前は納付金」

7月23日号

学生に発表の場を

海老名駅前

学生に発表の場を 社会

ビナウォークが「文化祭」企画

7月23日号

DXで資源化増量

座間市ごみ減量対策

DXで資源化増量 社会

草木は燃やさず、バイオ燃料に

7月16日号

動画でグランプリ

海老名の学童保育

動画でグランプリ 社会

賞金で図書館バス実現へ

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter