海老名版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

長田県議 県政報告会はじまる 座談会スタイル 市内20カ所で

政治

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena
市民を前に熱弁した
市民を前に熱弁した

 県議会議員の長田進治氏が先月から県政報告会をスタートさせた。座談会形式で市民と意見を交わす考えで、来春までに各地域のコミュニティセンターなど市内20カ所で催す予定。

 4月19日に柏ケ谷コミセンで開かれた報告会では地域住民およそ60人を前に、昨秋、新築・移転した二俣川の県立がんセンター内に世界では5カ所目となる「重粒子線治療施設」の設置が進められていることや、施設を使った治療への健康保険の適用を国に求めていること、2年後の開校へ向け中央農業高校西側の果樹園跡地に、養護学校の建設がはじまったことなどを報告した。

 また、相鉄線の延伸や東名高速道路綾瀬インターチェンジの開設といった市北部域を意識した話題にも触れ、住民からは道路の危険箇所改善など地域課題に関する要望も多数、寄せられていた。

 東柏ケ谷に暮らす60歳代の男性は「選挙の時ばかりでなく、こうして普段から市民との対話機会を設けることはとても大事だと思う」と話した。

 今後、この報告会は5月下旬に門沢橋自治会館で、6月下旬には下今泉コミセンで催される予定。問合せは長田事務所【電話】046・236・0505へ。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

コロナ対応に補助

緊急事態宣言解除

コロナ対応に補助 社会

「神奈川ビジョン」策定で県

5月29日号

高濃度エタノール消毒用に販売開始

「えびなの第九」中止に

「えびなの第九」中止に 文化

次回開催は2022年に決定

5月29日号

1日平均25件

コールセンター 海老名市

1日平均25件 社会

PCR検査は延べ57件に

5月29日号

台湾からマスク

「一緒に乗り越えよう」

「一緒に乗り越えよう」 スポーツ

昨夏インターハイ出場 齊藤選手

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク