海老名版 掲載号:2014年5月9日号 エリアトップへ

有馬の民俗史学ぶ 講義翌日にはまち歩きも

文化

掲載号:2014年5月9日号

  • LINE
  • hatena

 有馬図書館(出光良館長)が5月14日(水)、15日(木)の2日間の日程で催す歴史講座への参加者を募集している。有馬地区に焦点をあて、江戸時代から近代までの民俗や人々の暮らしを学ぶ講座で、市立郷土資料館「温故館」の片山兵衛氏が講師を務める。

 14日は午後1時から3時まで、門沢橋コミュニティセンターで座学、15日には2時間程度、実際に有馬地区を歩きながら、前日の講義の内容を深め、人々の暮らしを考察する。

 市内在住・在勤者が優先で、定員は先着順30人。参加費は500円(保険代含)。同館の大石淳子さんは「講義の後、フィールドワークを行う講座は珍しい企画。有馬地区に暮らしていない人にも参加していただければ」と話している。問合せは同館【電話】046・238・4646へ。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

聴覚障害者との接し方を学ぶ

聴覚障害者との接し方を学ぶ 社会

1月28日 総合福祉会館で

1月21日号

マンホールカードを配布

マンホールカードを配布 社会

えび〜にゃハウスで

1月21日号

夢乗せて「出発進行」

座間市「双龍」

夢乗せて「出発進行」 社会

コロナ禍逆手に宴会場を改造

1月21日号

節分そばの準備着々

節分そばの準備着々 社会

座間市蕎麦商組合

1月21日号

大人の仲間入り祝福

大人の仲間入り祝福 社会

座間市障害者団体連合会

1月21日号

冬空に響く和太鼓の音

冬空に響く和太鼓の音 社会

ふたば愛子園

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook