海老名版 掲載号:2014年5月16日号 エリアトップへ

「いきものがかり」に続け 若手発掘フェスを行う

文化

掲載号:2014年5月16日号

  • LINE
  • hatena
3月23日に行われたビナフェスの様子
3月23日に行われたビナフェスの様子

 若者が企画し、若者が参加して海老名を盛り上げていく―。大谷南在住の会社員・三町宣雅代表が立ち上げた音楽イベントを企画する団体「Sapling Music Park Ebina(SMPE)」。市内3高校の在校生、卒業生が実行委員となり、普段は年4〜6回、中央公園でライブイベントを企画し、市民の音楽活動を発表する場として親しまれている。

 3月23日には、初めてコンテスト形式のイベント「ビナフェス」を開催した。選考は12月から開始。音源と歌詞による1次審査、映像による2次審査を通過した学生バンドなど8組がフェスに臨み、それぞれが「海老名への思い」をテーマにした課題曲と、オリジナル曲の2曲を発表した。

 三町代表は海老名高校の軽音楽部出身だ。「ビナフェスは、私が高校生のときに出場した『YOKOHAMA HOT WAVE FES』がモデル。海老名の音楽の質を高め、目標である『第二のいきものがかり』発掘に近づきたいと考えて企画した」と話す。初のビナフェスを終え「1300人ほどの来客もあり、初めてにしては成功だった。今後も毎年同じ時期に開催していく予定」と三町代表。

 ビナフェスがますます認知され、参加者が切磋琢磨し合えば、海老名から「第二、第三のいきものがかり」が誕生する日もそう遠くはないだろう。

義援金を被災地へ

 ビナフェスでは、表面に大会のロゴ、裏面にえび〜にゃのイラストを描いたオリジナルピックを作成した。ビナフェスが3月開催ということもあり、実行委員の学生たちが「ピックで義援金を集めよう」と提案。大会当日は300円以上募金した人に配布し、9775円が集まった。

 5月8日、三町代表と学生スタッフ4人が市役所を訪れ、集めた義援金を内野優市長に手渡した。義援金は、市の担当課から日本赤十字社を通し、東日本大震災の被災地へ寄付される。

 学生スタッフの山口ひなさん(有馬高3年)は、「現地では、私たちと同世代の人も大変な思いをしている。このお金を同世代の役に立ててもらえれば嬉しい」と話していた。

社会人スタッフ募集中

 SMPEでは、学生の指導を担う社会人スタッフを募集中だ。毎月1回、日曜日の午前10時から市内のコミセンなどで行われる実行委員会への参加が条件。問合せは三町代表【電話】046・235・5531(18時以降)またはsmp_ebina@tg8.so-net.ne.jp

学生が市長に義援金を手渡した
学生が市長に義援金を手渡した

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

新成人の門出を祝う

新成人の門出を祝う 社会

3市で成人式が開催

1月14日号

海老名で積雪4センチ

海老名で積雪4センチ 文化

各地で雪遊びの子どもたち

1月14日号

本来の目的はお預け?

本来の目的はお預け? 社会

元学校長「散策のつどい」

1月14日号

医師が対面で健康相談

えびな在宅医療相談室

医師が対面で健康相談 社会

「受診控え」防止にも一役

1月14日号

2022年度 新理事長の横顔

防災カフェ

防災カフェ 文化

座間市役所で

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook